C079

南京雨花茶 ナンキンウカチャ

南京雨花茶 nán jīng yǔ huā chá
南京雨花茶 ㄋㄢˊ ㄩㄢˊ ㄩˇ ㄏㄨㄚ ㄔㄚˊ

난징위화차 남경우화차

Nanjing Yuhua Tea

外観(10g) 外観(5g)
外観(3g) 水色(3g5分抽出)
茶殻 その他

茶種
緑茶 不発酵茶
産地
江蘇省南京市 Jiangsu 강소성
自然環境
以下随時更新します~
特徴
条索(外観/Appearance/모양):
形似松针,紧直浑圆,两端略尖
形似=similar/(似る) 松針=pine needle/(松葉) 緊直=tight and straight/(真っ直ぐによられている) 渾圓=roundy/(丸くよられている)

色泽(色沢/Colour/색택):
银白隐翠,茸毫隐露,色呈墨绿
墨緑=blackish green/(深緑色)

香气(香気/Aroma/향기):
浓郁高雅
濃郁=heavy flavor/(香り高く濃厚)

汤色(水色/Liquor Colour/탕색):
黄绿清澈,绿而清澈
黄緑=yellowish green/(黄緑) 清澈=clear/(透明で澄みきっている) 而=and/(かつ) 清澈=clear/(透明で澄みきっている)

滋味(滋味/Taste/맛):
鲜醇持久,回味甘甜
鮮醇=fresh and mellow/(さわやかで旨味がある) 持久=persistent/(持続性がある) 回味=aftertaste/(余韻がある) 甘甜=sweet/(甘味がある)

叶底(茶殻/Infused Leaf/차찌꺼기):
嫩匀明亮
明亮=bright/(鮮明) 明亮=bright/(明るい)
歴史
南京あたりで唐代より茶栽培を行っていたことが、陸羽の『茶経』からわかります。
清代、江南商務局は南京に植茶公所を設け、鐘山南麓霊谷寺一帯を開墾植樹しました。
中華人民共和国成立後、南京市政府も茶の生産発展と名茶開発に力を注いだ末、1958年に新しい茶が開発され、茶は南京雨花台の革命烈士を記念して、南京雨花茶と名づけられました。
南京在唐代就已种茶,陆羽的《茶经》中有记载。
清代江南商务局在南京设有植茶公所,在钟山南麓灵谷寺一带垦荒植茶。
20世纪50年代末研制,为纪念在南京雨花台殉难的革命先烈,象征先烈忠贞不屈,万古长青丽命名。
加工方法
特級茶の茶摘み時期は清明(4月5日前後)前後、開き始めた一芽一葉を摘みます。
特级茶采摘期在清明前后,采摘标准为初展的一芽一叶。
その他
備考