C040

武夷岩茶水仙 ブイガンチャスイセン

武夷岩茶水仙 wǔ yí yán chá shuǐ xiān
武夷巖茶水仙 ㄨˇ ㄧˊ ㄧㄢˊ ㄔㄚˊ ㄕㄨㄟˇ ㄒㄧㄢ

우이옌차수이셴 무이암차수선

Wuyi Yan tea Shuixian

外観(10g) 外観(5g)
外観(3g) 水色(5分抽出)
茶殻 その他

茶種
ウーロン茶 半発酵茶
産地
福建省武夷山 Fujian 복건성武夷山
自然環境
以下随時更新します~
特徴
条索(外観/Appearance/모양):
肥壮较紧结匀整,叶端扭曲,紧结沉重
肥壮=fat and bold/(葉芽が大きく葉肉が厚い) 較=rather/(比較的) 緊結=tightly/(よりがしっかりとしている) 匀整=evenly/(均一)

色泽(色沢/Colour/색택):
乌褐油润,油润暗沙绿
烏褐油潤=blackish auburn bloomed/(烏褐色で光沢に富む)

香气(香気/Aroma/향기):
浓郁,有兰花香
濃郁=heavy flavor/(香り高く濃厚) 蘭花香=orchid flavor/(蘭花香)

汤色(水色/Liquor Colour/탕색):
呈琥珀色,清澈橙黄
琥珀色=amber-colored/(琥珀色) 清澈=clear/(透明で澄みきっている) 橙黄=orange yellow/(橙黄色)

滋味(滋味/Taste/맛):
醇厚回甘,醇浓,甘爽
醇厚=mellow and thick/(濃厚で純粋) 回甘=sweet after taste/(余韻がある)

叶底(茶殻/Infused Leaf/차찌꺼기):
肥软黄亮,绿叶红镶边
黄亮=bright yellow/(黄色く明るい) 綠葉紅鑲邊=green leaf with red edge/(緑葉に紅い縁)
歴史
岩茶、武夷茶とも言います。
武夷山周辺の60k㎡、平均海抜650m、360の峰、99の名岩、岩々には茶があって、茶は岩名によって、岩は茶によって現れ、岩茶と命名されました。
唐代に武夷山区はすでに製茶が開始され、上層階級への贈答品となり、宋代には貢品に列せられ、元代1302年、武夷山九曲の四曲に御茶園が建てられ、その地位は不動のものになりました。明清代以降その名は岩(産地)の持ち主(主に寺など)によって名づけられ、現在に至ります。武夷山岩茶名の多さは目を見張るほどで、たとえば慧苑岩(武夷の茶産地は“三坑二澗”で慧苑坑、牛澗坑、大坑、流香澗、悟源澗)の岩茶名は830もありました。
亦称“岩茶”、“武夷茶”。
武夷山方圆60平方公里,平均海拔650米,有三十六峰、九十九名岩,岩岩有茶,茶以岩名,岩以茶显,故名岩茶。
唐代武夷山区已开始制茶,为上层社会馈赠珍品。宋代列为贡品。元代予武夷九曲溪之四曲畔设置御茶园专事贡茶的采制。明末清初开始研制乌龙茶。岩茶茶树既有适制乌龙茶的无性系良种(水仙、肉桂),亦有有性群体(武夷菜茶)。武夷岩茶习惯上称“奇种”,有单丛奇种、名丛奇种之分。其中大红袍、铁罗汉、白鸡冠、水金龟称“四大名丛”,为稀贵珍品。
加工方法
一般的に武夷岩茶は、春茶は穀雨(4月20日前後)から小満(5月21日前後)前、夏茶は夏至(6月21日前後)前、秋茶は立秋(8月8日前後)後、完全に開いた一芽二葉から一芽三葉を摘みます。
武夷岩茶一般,春茶采摘在谷雨后至小满前;夏茶在夏至前;秋茶在立秋后。按“开面采摘”以一芽二叶或一芽三叶。
その他
『建瓯県誌』によると、清代道光年間始まるこの茶は、建陽水吉大湖の岩山桃子崗祝仙洞したにある一株の茶樹を、農民がその枝を折って茶を作って飲んでみると大変香高かったため家の前に移植、後に祝仙洞から名を取って祝仙と命名されたと伝えられます。方言で“祝”と“水”の発音が同じで、誤って伝わり水仙となりました。栽培の歴史は100年を超えます。
《建瓯县志》记载:该茶始于清代道光年间,相传建阳水吉大湖的岩义山桃子岗祝仙洞下有一株茶树,农民偶折其枝并制成茶,品饮时芳香四溢,遂将其移植于家门前:后根据此茶来源于祝仙洞下,取名“祝仙”。因当地方言“祝”与“水”发音相同,即被误传,呼之为“水仙”栽培历史约百年以上。
備考