Morning Tea Work@Jun Chiyabari Tea Garden

ジュンチヤバリ時の鐘

萎凋槽

萎凋→揉捻

揉捻機

前日夕方5時まで摘んで萎凋室に運ばれた茶葉は、今朝8時に萎凋槽から外へ運びだされていました。そしてすぐに階下の揉捻機に落とすのではなく、スタッフが選別してからハラハラと落としてゆきます。
昨夜使われていた萎凋槽は2レーン81kg分の茶葉と108kg分の茶葉が萎凋をかけられていました。揉捻機での揉捻時間は特別に長い揉捻が必要なインペリアルブラックを作るので、2時間を検討しながら葉の状態を観察しながら作業します。
ハンドローリングや小さい揉捻機で作っているのはスペリャルなものを作っているのではなく、収量が少なかったためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。