霧深き山のお茶 春の精 栗崎園@浜松天竜区春野町

川霧があがる400〜450mの地、1.3haの茶畑で窒素・塩基類・リン酸のバランスのとれた生育による高品質茶を目指し家族3名臨時雇用180人体制で作る茶は全国品評会に毎年のように受賞しているそうです。
栽培品種は、つゆひかり、さえあかり、春緑、香駿、紅ふうき等。いただいたお茶は、品評会用からはねたお茶(薄皿のほう)、和菓子は春野名物青練り(薄緑の練り物の皮と白あん、秋は栗、味は3店3様)。
~2017年6月18日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。