お茶ラッピングタクシー

お茶ラッピングタクシー

「お茶のまち静岡市」ラッピングユニバーサルデザインタクシーは、平成30年1月26日清水港日の出埠頭で『飛鳥Ⅱ』の寄港を期に生まれました。富士山を背景にした茶畑や波のうねりのデザインは富士山の茶処静岡を連想させるデザインとなっています。順調に増えたタクシーの数は現在10台。
今年春のお茶まつりにも利用されました。皆さまも静岡のどこかでみかけるかも^^
~2019年3月30日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。