雨擂竹湘茶

雨擂竹湘茶

昔、中国湖南省安化県江南鎮に生涯お茶を作り続けた女性がいました。彼女は、1903年に生まれ、2009年に享年106歳で亡くなりましたが、頭の回転が速く、手先が器用で、優しくて賢いと評判の女性でした。家の暮らし向きが悪かったのですが、自分を育ててくれた養父のためにと、穀雨前の茶葉を摘んで、蒸して煮て、発酵させた後、竹皮で包んだ茶葉を焙って、お茶を作って贈りました。竹の清々しい香気とまろやかな滋味を兼ね備えたお茶に感動した養父は、このお茶に雨擂竹湘茶と命名しました。と、こんな由来があるお茶だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。