安化擂茶

老街の擂茶屋さん

老街の擂茶屋さん

安化擂茶

安化擂茶

梅山文化という言葉を、湖南省の人はよく口にします。
梅山文化は主に湖南省新化、安化、桃江、漣源、冷水江、新邵、隆回、洞口などの地域に900年以上前から住んでいる原住民”梅山侗蛮”が特別な環境下で発展させた独特地域文化を指しています。
お茶についていえば、最古の食用茶擂茶がそれにあたり、馬王堆漢墓(湖南省長沙にある紀元前二世紀の墳墓)から出土した竹簡に、茶、生姜、米などの原料で茶を飲んだ記載があり、その作り方は現在の安化擂茶と完全に一致したのだそうで、とすれば、2000年の歴史を有すると言えます。
安化洞市老街の擂茶屋さんの擂茶の材料は、米、山胡椒、落花生、生姜、豆、胡麻、茶葉でした。

安化擂茶
湖南省的人好好说“梅山文化”这个词。
梅山文化主要是指从超过900年前在湖南省新化、安化、桃江、漣源、冷水江、新邵、隆回、洞口等地域居住的土著居民”梅山侗蛮”在特别的环境下边发展起来了的独特地域文化。
比如,举茶来说,最古的食用茶擂茶属于梅山文化之一,从馬王堆漢墓(在湖南省长沙的纪元前2世纪的坟墓)出土了的竹簡上写着用茶、姜、米等的原料喝茶,那个茶的做法完全和现在的安化擂茶一致。结果,安化擂茶能说有2000年的历史。
我在安化洞市老街的擂茶馆喝的擂茶是用米、山胡椒、花生、姜、豆、芝麻、茶叶做的。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。