毛沢東と安化黒茶

毛沢東生誕120年記念茶ポスター

毛沢東急須

毛沢東マグ

毛沢東の言葉

黒茶産地湖南省は、古くは屈原、そして毛沢東、劉少奇、胡耀邦はじめ国の指導者を数多く生んだ地として有名です。湖南省の奥地では今でも家に毛沢東のポスター、会社に毛沢東語録が貼ってあったりします。
毛沢東と地元のお茶の物語に、“忙里偸閑(忙中閑あり)”があります。
1917年7月、湖南第一師範で勉強していた毛沢東は肖子と一ヶ月以上に渡って長沙、寧郷、安化、益陽、沅江を巡り、茶館が林立して、茶商が雲のように集まっている安化に感動し、入った茶館の店主請われて対聯を残したのだそうです。
為名忙,為利忙,忙里偸閑,喝杯茶去
労心苦,労力苦,苦中作楽,拿壺酒来

毛泽东和安化黒茶
黑茶产地湖南省是以国家的领导者的出身地为有名,比如说是屈原、毛泽东、劉少奇、胡耀邦等。
在湖南省的乡镇还能看到在家、公司里有毛泽东的海报和红宝书。本地茶的故事中有一个和毛泽东有关的故事“忙里偸閑(有忙中閑)”。
1917年7月,毛泽东正在湖南第一师范学习的时候,跟肖子在超过一个月的期间旅游到长沙、寧郷、安化、益阳等地,看到茶馆林立而茶商好像云那样聚集的安化受到感动,在被店主请求进入的茶馆里留下了对联。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。