天尖、貢尖、生尖

三尖(左から貢尖、生尖、天尖)

生尖

天尖

湖南安化黒茶は湖南安化内で生育している茶樹の生葉を原料に、殺青、揉捻、渥堆発酵、乾燥させた荒茶で再加工したお茶の総称した言葉です。
天尖、貢尖、生尖“三尖”はこの湖南安化黒茶の中でも穀雨(4月20日前後)の頃に摘んだ茶葉を原料とした上等品に入る黒茶です。歴史的にも西北方の富裕層が好み、清朝道光年間(1821~1850)には貢茶(献上茶)になり宮廷でも飲まれました。
天尖、貢尖、生尖は3つあわせて三尖、緊圧茶の他に籠入りリーフティー状のものもあり湘尖茶とも呼ばれています。
文革時代、天尖、貢尖の茶名について天や貢の字が封建的だとして、湘一(天尖)、湘二(貢尖)、湘三(生尖)と改名し、1983年に元の名に戻りました。

湖南安化黑茶是在湖南安化的鲜叶为原料,经过杀青、揉捻、渥堆发酵、干燥等工序,即为黑毛茶,然后把黑毛再加工而成成品的总称。
天尖、贡尖、生尖被称为“三尖”,是湖南黑茶的上品,采用谷雨时节的鲜叶加工而成。
历史上,曾是西北地区的贵族饮品,清道光年间(1821~1850年),天尖和贡尖列为贡品,供皇室饮用。
“三尖”茶采用篾篓散装,是现存最古老的包装方式,也被称为湘尖茶。
文化大革命时代,天尖、贡尖的茶名认定封建,改名为湘一(天尖)、湘二(贡尖)、湘三(生尖),1983年回到了原名。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。