君山島

君山島入口

君山島入口

莫言書君山島

斑竹

湖南省島北部にある岳陽市、昔は巴陵と言い、長江と洞庭湖(中国二番目に大きい淡水湖)が交差する交通の要衝として古くから栄えた町です。
岳陽楼・君山島景区の総面積は3.54万k㎡、岳陽楼、君山島、洞庭湖が混然一体となった四季は、春には清明茶、夏には蓮花、秋には洞庭湖に浮かぶ名月、冬には何万羽も飛んでくる渡り鳥がその風景を輝かせてくれます。
君山島は洞庭湖の中にある小さな小島ですが、大小72の山からなり、神話や伝説に彩られた島です。特に『舜帝二妃殉夫』と『柳毅伝書』二冊の古典によって愛情の島ともされています。
君山銀針茶畑横の竹林の竹は『舜帝二妃殉夫』の物語通り二妃が流した血の涙のあとが残っています。
君山、増水期(5~7月)でなければ陸地とつながっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。