湖南省安化の利源隆

湖南利源隆茶業責任公司

湖南利源隆茶業責任公司

千両茶作り

千両茶乾燥作業

湖南利源隆茶業責任公司は国家無形文化遺産安化千両茶工芸伝承人であり、磚茶の国家標準改定人を務めた黒茶専門家呉建利氏が2001年に創建した会社です。以前は職人として入社してから1997年に11代目廠長になり白沙渓で千両茶復活に取り組みました。2001年に故郷に帰ることを決め離職するまでずっと湖南省白沙渓茶廠に所属していました。
製茶工場がある場所は湖南省重点黒茶生産地であり安化茶馬古道の宿場町だった安化洞市老街。
洞市で生産された茶は黒茶娘子貨と呼ばれているそうです。
雪峰山脈東端、天井山、馨子山、白馬山、五龍山、大茶山と海抜800m以上の5座山に囲まれた場所に自生する原始優良品種安化雲台山野生大茶樹は茶作りの品質に決定的な役割を与える原料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。