ナチュラルコーヒー

ナチュラルコーヒー店内

Café RoyalとCofee Bavariois

コーヒー豆Kandyan Mist

ポスター

セイロンティーで知られる紅茶生産量世界第3位を誇るスリランカ、実は紅茶栽培、コーヒーの代替で始まったものです。
スリランカでのコーヒー栽培の歴史は古く、17世紀オランダ統治時代にまでさかのぼり、18~19世紀にかけて発展し続けました。しかし、1869年にコーヒーの木を枯らすさび病の流行によってコーヒーは絶滅してしまったのです。
現在、2013 年にリバイバルしたセイロンコーヒーをスリランカの古都キャンディにあるナチュラルコーヒーというお店でいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。