古董花園でお茶をいただく

古董花園店内

古董花園店内

中庭

クリームブリュレと京都宇治抹茶ラテ

上海の香山路7番の美しい洋館は、1920~1924年に孫文(孫中山)と夫人の宋慶齢が住んだ場所です。この洋館は1918年、革命を支持する4人のカナダ華僑が資金を出し合い孫文に贈ったものです。孫文はここで『孫文学説』、『実業計画』など重要な著作を完成させました。この孫中山故居を訪れるならば、ぜひおススメしたい休憩場所が古董花園 (Antique Garden Shanghai)。
アンティークに囲まれて目の保養をしながらお茶するのも良し、小さな中庭のテーブルでくつろぐのも良しなのです。
この日いただいたのは、クリームブリュレと京都宇治抹茶ラテ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。