京都ポルトガルスイーツ

カステラ・ド・パウロ

ヴィーニョ・ヴェルデとプディン・デ・ジェーマ

ミニパォンデロー

ノーズシュ・デ・カスカイショ

京都市北野天満宮すぐ横にあるカステラ・ド・パウロ。
食後のデザートでいただいたのは、ポルトガルで大好きになった白ワインヴィーニョ・ヴェルデと共にプディン・デ・ジェーマ。修道院で卵黄だけで作られていた濃厚なプリン。お店の代表的デザートは長崎カステラの老舗松翁軒で技術を習得して、ポルトガルでさらに技術を磨いた店主さんが作るパォンデロー。ポルトガルの洗礼式・結婚式など大切な行事で欠かすことのできない伝統菓子。リスボンで有名な老舗に行った時にはクリスマスシーズンにしか作っていないということで食すことができなかったものがこちらではいただけます。
卵黄とアーモンド生地に胡桃がのったノーズシュ・デ・カスカイショは他のお菓子よりも賞味期限が長いので、お土産としておススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。