サハリンのサモワールとバランカ

サモワールとバランカ

茶器

ロシア正教会がある風景

ロシア正教会がある風景

サハリン州の州都ユジノサハリンスクは成田空港からヤクーツク航空で2時間くらい。
サハリン島を訪れた有名人はチェーホフと宮沢賢治、チェーホフは自らの魂を探してサハリンを旅して『サハリン島』を著し、宮沢賢治は妹の魂を探して旅して後に『銀河鉄道の夜』を著しています。サハリンはノスタルジックツアーの場所なのです。
ロシアの中心から遥か遠くても、ティータイムに欠かせないサモワールはあります。サモワールにかかっているのはバランカ。小麦粉と砂糖で作られたリング状のパンで、ケシの実がまぶしてあります。レストランの壁にかかっているのもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。