六堡茶(拼音:liu bao cha)

茶区:華南茶区
産地:広西チワン族自治区梧州市蒼梧県六堡郷
产地:产于广西壮族自治区梧州市苍梧县六堡乡
歴史:清代同治年間『蒼梧県誌』に茶産地は蒼梧県多賢郷六堡郷、味に厚みあり宵越しも変わりないと記されている。
历史:清同治年间《苍梧县志》:“产茶多贤乡六堡,味厚隔宿而不变。”
特徴:外観は長整尚緊、黒褐光潤。水色は湯色紅濃。香気は醇陳。滋味は甘醇爽口。茶殻は豚肝色。松煙味と檳榔味。
特征:条索长整尚紧,色泽黑褐光润;汤色红浓,香气醇陈,滋味甘醇爽口,叶底呈猪肝色,并带有松烟味和槟榔味。
加工:一芯二三葉から一芯三四葉の摘採→加熱による酸化停止(殺青)→初揉→積み上げ発酵→乾燥
加工:鲜叶一芽二三叶至一芽三四叶,经杀青→初揉→堆放发酵→干燥→入篓踩紧→于阴凉潮湿处陈化。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。