蒙頂甘露(拼音:meng ding gan lu)

巻曲形炒青緑茶
茶区:西南茶区
産地:四川省雅安市名山県蒙頂山
产地:产于四川省雅安市名山县蒙顶山
自然環境:
自然环境:蒙山位于四川盆地的西部,横担于号称“雨城”的雅安、名山两县之间,海拔最高1450米,山顶有上清、菱角、毗罗、井泉、甘露五峰,终年烟雨蒙蒙。
歴史:蒙山茶は前漢時代に始まった。漢代宣帝劉詢の年号“甘露”から命名された。唐代に栄えた蒙山茶は当初には貢茶となっていた。唐代黎陽王の『蒙山白雲岩茶詩』では陸羽にこの世で一番の茶だと教えたいと蒙山茶を高く評価した作詩をしている。
历史:蒙山茶始于西汉。以汉宣帝刘询的年号“甘露”取名。蒙山茶盛于唐,初唐入贡。唐代黎阳王《蒙山白云岩茶诗》:“若教陆羽持公论,应是人间第一茶。”对蒙山茶给予高度评价。
特徴:外観は緊秀多毫,翠綠油潤。水色は黄緑明亮。香気は嫩香馥郁。滋味は鮮嫩爽。
特征:紧秀多毫,翠绿油润,汤色黄绿明亮,嫩香馥郁,鲜嫩爽口。
加工:初春開き始めた一芯一葉の摘採→生葉の静置(攤放)→加熱による酸化停止(殺青)→揉捻→成形白毫顕著化(整形提毫)→あぶり乾燥(烘焙)→仕上げ乾燥(復火)。
加工:采摘初春一芽一叶初展,经摊放→杀青→揉捻→整形提毫→烘焙→复火制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。