蒙頂石花(拼音:meng ding shi hua)

扁直形烘炒緑茶
茶区:西南茶区
産地:四川省雅安市名山区蒙山
产地:产于四川省雅安市名山区蒙山
歴史:唐代李肇の『国史補』に、剣南に蒙頂石花、小方、散茶が有り、第一であると記載されている。
历史:唐代李肇《国史补》:“剑南有蒙顶石花、小方、散茶,列为第一。”
特徴:外観は扁直斉整、銀毫卒露、鋒苗挺鋭、如山石上之石花。水色は碧而黄。滋味は味甘鮮嫩。香気は香純持久。
特征:扁直齐整,银毫毕露,锋苗挺锐,形如山石上之石花,汤碧而黄,味甘鲜嫩,香纯持久。
加工:清明節前黄緑色で肉厚のある単芽の摘採→加熱による酸化停止(殺青)→散熱(攤涼)→成形白毫顕著化(做形提毫)→あぶり乾燥(烘干)。
加工:采摘清明前色黄绿、圆肥的单芽,经杀青→摊凉→做形提毫→烘干制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。