ユジノサハリンスクの茶専門店

店構え

店構え

プーアル茶

リーフティー

「お茶には、小麦粉のブリンや、凝乳と卵の入ったビローグ(揚饅頭)や、小さな焼菓子や、角形パンの揚物などが出た」と、チェーホフがサハリン旅行記録『サハリン島』で記したサモワールで飲む磚茶をユジノサハリンスクで探して、ショッピングモール中央階に設置された茶専門店に行ってみました。
時代が変わると飲み親しまれるお茶も変わるのですね、固形茶といったらプーアル茶のみ、主に扱っているのはインドの紅茶、ダージリンやアッサムが豊富にありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。