湖南省・安化洞市府老街の「朝」

元朝末期から明朝初期にかけ南北に連なる道が形成されていった湖南省安化県。
茶葉や薬材など山の恵みが集められ加工された場所が現在の洞市でした。
それらは資江沿岸の人々の手に渡り、反物や塩砂糖に物々交換されて洞市に戻ってきました。物々交換された物を売買する市が立つようになった場所であることから洞市と名付けられたのです。もともと“洞”は“洞府”と呼ばれ、対聯に「洞天府地」があることから、現地の人々は洞市府と俗称するようになりました。
~2015年9月3日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。