シーギリア

スリランカの代表的な世界遺産シーギリアロックは古代から仏教僧たちの修行の場でした。
父王を殺害し、弟をインドに追い出て王位についたカーシャパ王の時代(459~477)、ほんの11年間で岩山の傑作は残されました。こんなに寂しい森の中の岩山頂上に建てられた王宮は弟王の復讐を恐れたためと言われています。それから1400年後に、美しい壁画シーギリアレディが発見されました。
~2016年8月18日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。