明るい月の夜は仕事しよう!

サハリン流刑地時代、北樺太の木材業者さんたちにはどれだけ木を切るかノルマがあり、日照時間が短いサハリンでは大変なこと、で、小屋の中に赤いスローガンが貼られていたと。
~2016年11月10日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。