雅安茶廠が教えてくれた蔵茶百問百答②

〔茶葉の“成熟”と“嫩”〕
嫩と表現される茶葉は清明節(4月5日)前後に芽吹いた幼葉を指し、緑茶主原料として茶葉中のアミノ酸を保持するプロセスで製茶されます。茶摘みした日に飲むことができる緑茶は、活気と香気が幼葉を製茶する上での特性です。
成熟茶葉は旧暦7月から9月の間、有性繁殖茶樹から摘採した成熟した茶葉を指します。その特徴は有機物質含有量が幼葉より高く、無機物含有量もリン、カリウム、マグネシウム、セレンなど少なくとも15種以上のミネラル成分が豊富に含まれています。また、約500種の人体に有益な有機化合物としてタンパク質、アミノ酸、ポリフェノール、緑茶多糖体(Green tea polysaccharide)、アルカロイド、炭水化物、脂類化合物、色素、ビタミン等、また約700種の香気化合物があります。成長期を経た原料を用いた結果で、成長しきっていない茶とは比べることのできないものです。
〔成熟茶葉、嫩葉是怎麼迴事?〕
嫩茶葉指的是清明前後茶樹發出的嫩芽,是綠茶的主要原料,由于綠茶的製作工藝相對簡單,加上要保持茶葉中鮮活的氨基痠香氣,綠茶在採摘的當天就可以喝到,鮮活和香氣就是嫩茶葉在製茶中的特性。
成熟茶葉指茶葉發芽一直到成熟,大約在農曆的七月至九月期間,是有性繁殖的成熟茶葉,其特點是有機物質含量比嫩茶葉高,無機物含量也相當豐富,包括燐、鉀、鎂、硒等不少于15種礦物質。有機化合物如蛋白質、氨基痠、茶多酚、茶多糖、生物堿、碳水化合物、脂類化合物、色素、維生素等約500種對人體有益的物質,約700種香氣化合物。這是經過植物生長週期完整鏈後形成的結果,也是不完整週期生長茶所無法比擬的。

〔“紅苔”とは?〕
“紅苔”(紫苔と称している茶書もある)とは、茎の表皮が紫紅色を呈した若い茎の部分を指します。旧暦9月になると、茶樹は芯芽から数えてだいたい第五葉目あたり、長さ10cmくらいにわたって“紅苔”が見られます。この緑の茎が紅色に染まった部分には豊富な栄養物質が含まれています。蔵茶を製造する際、一定の割合で“紅苔”を加えることによって磚茶形成後発酵が持続して、ゆっくりと陳化が進みます。それによって、香気が安定し、澄んだ紅色または琥珀色の水色、多煎が効くなどの特徴が顕著になるのです。
〔什麼是紅苔?〕
指成熟茶葉靠近枝端頭1/3處的嫩枝梗,表皮呈紫紅色(有的茶書上又叫紫苔),到了農曆九月,在茶樹上從頂端往下數葉片,在第五葉處就看到紅苔,大約在10cm長左右,而五葉上仍是綠桿紅苔内含豐富的各類營養物質。藏茶製作時按不同比例摻加紅苔,形成茶磚後持久發酵,使藏茶具有陳化緩慢、留香穩定、湯色透紅,或呈琥珀色,耐煮泡等特點。

〔蔵茶の水色は?〕
蔵茶の水色は紅色、且つ晶瑩透亮(康磚は最初黄色で徐々に紅色に変化、金尖はやや速く紅色に)です。茶を煮ると、湯中に溶解した各種成分が持続的に発酵するので水色は次第に紅くなり透明度が増します。もし不透明な濃紅あるいは豚肝臓のような紅色(混濁現象)ならば、それは高品質な蔵茶ではありません。蔵茶の水色は、透明な紅色あるいは薄黄紅色から変わった透明な紅色でなければなりません。これが良質な蔵茶の品質を見極める方法の一つです(紅茶を加えて水色を偽装するメーカー製品に要注意)。5年以上たった蔵茶は陳香(沈香)が出始めて、水色は琥珀色を呈します。
〔藏茶的湯色怎麼樣?〕
藏茶茶湯色呈紅色,且晶瑩透亮(康磚是先黃漸變為紅,金尖變紅要快一些)。熬製成湯時,溶解在茶湯中的各種成份還在持續發酵,所以湯色會逐漸變紅且透光性很好。如果是絳紅、不透光的濃紅或豬肝紅(渾湯現象),就不是高品質的藏茶,必須是透紅,或者由淡黃紅轉為透紅,此為優質藏茶的湯色。也成為觀察鑒別藏茶品質的方法之一(要註意斟別加紅茶充紅湯的小廠家作假)。上5年以上的藏茶開始出陳香氣(即沉香),湯色呈琥珀色。

〔蔵茶にはどのような効用があるのか?〕
現代医学研究解明点:
極雨地域(雨天が非常に多いが降雨量は多くない)に生育する茶葉。
特殊技術で発酵が持続している蔵茶には500種近い人体に有益な有機化合物質、約700種の香気化合物、さらに無機物も同様に豊富で、リン、カリウム、マグネシウム、ゲルマニウム、セレンなど少なくとも15種以上が含まれています。
その効用は以下です。
(1)抗酸化
(2)三高改善(高血圧、高脂血症、高血糖)
(3)抗フリーラジカル、抗電磁波、抗突然変異、抗ウィルス
(4)胃腸機能調整、代謝改善
(5)解毒、水質を向上
(6)微量元素とビタミンの補充
(7)体圧、ストレス緩和
(8)代謝性疾病調整(糖尿、痛風)
(9)肥満の予防解消
(10)咽喉炎解消、宿便解消、睡眠改善
(11)ヘモグロビン増加
茶と健康に関する研究が進むにつれ、蔵茶の効果が次第に世間に知られるようになりました。“蔵茶保健”はすでに国内外のブームになっています。肥満度を問わず蔵茶の飲用は有益です。嗜好や状況によって、蔵茶に果物、糖蜜、乳製品、スパイス、バターあるいはその他薬草を加えることもできます。蔵茶は品質を変えることなく、その特性を添加することができます。蔵茶は基礎健康食品として絶大な可能性を持っているのです。
〔藏茶有哪些功效?〕
現代醫學研究表明:在特殊的雨極地,通過特殊工藝持久發酵製作而成的藏茶包含近500種對人體有益的有機化合物,約700種香氣化合物,無機物含量也相當豐富,包括燐、鉀、鎂、鍺、硒等不少于15種。具有以下功效特點:
(1)抗氧化功效
(2)降低三高(高血壓、高血脂、高血糖)
(3)抗自由基、抗輻射、抗突變、抗病毒
(4)調理胃腸和改善代謝功效,調理胃腸功能紊亂
(5)解毒和優化水質
(6)全方位補充微量元素和維生素。
(7)降低體壓、緩解精神高度緊張
(8)調整代謝性疾病(糖尿、痛風)
(9)預防和消除肥胖症
(10)利咽喉、通宿便、改善睡眠
(11)增加血紅蛋白載氧量
隨著茶與健康研究的深入,藏茶鮮為人知的功效已被逐漸發現。“藏茶保健”已在國内外掀起熱潮。由于藏茶有多方麵、雙嚮調節的功能,使她的適用人群非常廣汎。無論胖瘦,都可以在飲用藏茶中獲益。根據不同的口味或機體狀況,飲用時可以調摻、勾兌水果、蜜糖、乳製品、香料、酥油或其它中草葯/藥。藏茶歷久日新,除保持本色、品質不變外,還能使添加物浸出其質的特性。藏茶作為基礎保健品具有極大包容性的特點。

〔蔵茶が健康に与える影響〕
蔵茶は健康に積極的に働きかけます。蔵茶に含まれる大量のポリフェノール重合物(主に茶色素)、ミネラル、ビタミン、食物繊維が健康に大いに影響を及ぼしています。蔵茶の常飲、コレステロール値低下、動脈硬化予防、血糖値低下、血圧制御、抗酸化、抗電磁波、抗突然変に有効かつ腫瘤予防の常備飲料です。寒冷で酸素や野菜果実が欠乏している高地青蔵高原に住むチベット族は長期強い紫外線にさらされる環境下で、生活環境に適応して壮健なのは、毎日蔵茶を飲用していることと密接な関係があるのです。「茶は一日三回、一日一食、三日食事がなくても一日茶が無くてはならない」チベット族一人当たりの蔵茶年間消費量は8~15kgに達し、彼らがどれだけ蔵茶に依頼した生活をしているかを物語っています。
現代人は運動不足で、高脂肪高カロリーな食習慣によって代謝性疾病が増えています。音、光、電気、電波が氾濫する都市は目に見えない強大な放射源を生み、このような外部環境がすでに都会人が高地的生活を送らざるをえない状態をもたらしていますが、もし蔵茶を常飲すれば、“都市病”問題を解決することができるのです。
〔喝藏茶對健康的影響〕
藏茶對人體健康有許多積極、正面的作用。藏茶中含大量的茶多酚轉換物(轉換物主要指茶色素)、各種礦物質、維生素及膳食纖維素和各種有機物,對健康大有稗益。經常飲用藏茶可以降低血脂、防止動脈硬化,降低血糖,控製血壓,還可以抗氧化、抗輻射,甚至抗突變。藏茶是預防腫瘤的常備飲品。居住在青藏高原的藏族處在高寒缺氧、果蔬匱乏、長期持續的強輻射的環境下,他們的體格普遍健壯,且能適應各種異常的生存環境,與毎日飲藏茶是密不可分的。他們幾乎是“一日三次茶,一日一頓飯,寧可三日無糧,不可一日無茶”。藏族同胞對藏茶的人均年消費量是8000g到15000g,説明藏茶對他們的生活依賴地位是多麼的重要。
現代人活動量少了,高脂肪、高熱量飲食多了,隨之而來的代謝性疾病增多,聲、光、電、波在都市的氾濫給都市帶來無形的強大輻射源,飲食和外環境已使都市人進入了高原的生活模式状態,如果常飲藏茶,可以解決很大一部分“都市病”問題。

〔蔵茶はなぜコレステロール値をさげるのか?〕
血液中脂質標準値:コレステロール120~200mg/dl、中性脂肪50~140mg/dl。コレステロールと脂肪は水に溶けませんが、タンパク質と結びつき血液で溶けた状態で存在します。
血液中のリポ蛋白コレステロールはその密度の大きさに基づいて悪玉(LDL)コレステロールと善玉(HDL)コレステロールに分かれます。血中のLDLコレステロール濃度が高い時、動脈硬化を誘発することがあり、反対にHDLコレステロール濃度が高い時、動脈硬化は抑制されます。蔵茶は豊富なポリフェノールと茶多糖物質を含み、これらが血脂を下げる作用を発揮します。
動物実験で、蔵茶が含むポリフェノール、微生物分解、有機化合物、色素、カテキンと酸化合物は血漿中LDLコレステロール濃度上昇の抑制、消化器のコレステロール吸収の抑制、コレステロールの排泄促進に有効であることが証明されています。多くの調査研究によると、蔵茶を飲むほど血中コレステロール総量は減少するが、そのうちLDLコレステロール量は減少してHDLコレステロール量は大きな変化がなかったと発表されています。茶を飲んで血中コレステロール比率を改善し、心血管疾患の予防が期待できます。この点は他茶類と比べ効果が明らかです。
また蔵茶には多く茶多糖を含みます。動物実験:マウスに茶多糖類を食べさせると、血中の総コレステロール、中性脂肪、LDLコレステロールなどの値が低下、HDLコレステロールが増加しました。血中の総コレステロール、中性脂肪の濃度が正常値を超えると高脂血症になり、LDLコレステロールの上昇は動脈硬化を誘発して、HDLコレステロールが増えると動脈硬化を抑制することができました。多糖類は血中コレステロールおよび脂肪の濃度を調節することができ、蔵茶中には大量のポリフェノール重合物を含んで、ポリフェノールはフリーラジカルと反応しやすく、陽子と電子を提供してその活性を失わせる、著しい抗酸化特性を持っています。油脂の酸化抑制実験で、ポリフェノールは10ug/mLの低濃度時、200ug/mLのビタミンEと同じ抗酸化能力を持ち、20ug/mL時その抗酸化能力は50ug/mL抗酸化剤BHAより強い、ポリフェノールの抗酸化能力はBHAやビタミンEをはるか超えます。同様の濃度時、各カテキンの抗酸化能力はEGCG>EGC>ECG>ECとなります。
研究によるとポリフェノールはO2、‐OH、LOO‐、‐NO、ONOO‐などのフリーラジカルを除去することができ、その能力はビタミンE、ビタミンC、BHTなど酸化剤よりも大きく、なかでもEGCG、EGCの抗酸化性は最大で、ポリフェノール重合物、例えばテアフラビン、没食子酸テアフラビンはきわめて強い抗酸化活性があります。ポリフェノール抗酸化性はアミノ酸およびビタミンC、ビタミンEと共同でより強い抗酸化効果を発揮します。
ポリフェノールの特殊構造により遊離金属イオンが減少します。例えば、鉄イオン、銅イオン、鉛イオン等、フリーラジカルによる脂質過酸化連鎖反応を引き起こします。実験では、ポリフェノールは複合金属イオンの化合を阻止して有効的に連鎖反応を切断しました。その能力の大きさはEGC>ECG=EGCG>ECです。
生物体内には多くの酸化酵素、例えばキサンチンオキシダーゼ系、P-450酵素、リポオキシゲナーゼ、エポキシ酵素など、フリーラジカルの生成促進するものがあり、ポリフェノールはこれらに対して抑制効果があります。同時に生物体内に存在する抗酸化システム、なかでも過酸化水素、オルゴテイン、グルタチオンペルオキシダーゼなどの抗酸化酵素、これら酵素が体内のフリーラジカルを徹底的に取り除いて、活性酸素の損害を防ぎます。ポリフェノールは発酵後転換物で、肝臓、肺、消化器系、血液など組織中の抗酸化酵素を活性化するとともに体内の抗酸化酵素を保護する役割を果たします。蔵茶を摂取することで脂質の酸化抑制、体内のビタミンC、ビタミンEなど抗酸化剤濃度維持、フリーラジカルによるDNAの損害抑制が、動物実験で判明しました。成都茶と健康研究センターは、2006年に茶浸出物の抗酸化実験で、蔵茶の抗酸化周期が最長で、多くの茶類が一晩で変質酸化したのに比べて常温で72時間は変質しなかったと発表しています。
総括すると、蔵茶中のポリフェノールとその重合物は酸化を阻止することができます。
(1)フリーラジカル除去
(2)複合金属イオン除去
(3)酸化酵素活性化抑制
(4)抗酸化酵素活性化
(5)その他抗酸化剤の共同増強効果
(6)体内抗酸化剤濃度維持、高脂血症予防、動脈硬化抑制
重要なのは蔵茶中に大量の食物繊維があり、脂肪を分解することで、悪玉コレステロールや油脂を排除して、血脂を始終健康的レベルに保てることです。
〔藏茶為什麼能降血脂?〕
脂類在正常人血液中標準値:膽固醇為120~200mg/dl,中性脂肪50~140mg/dl。膽固醇和脂肪不溶于水,被包在血液中的燐脂和蛋白質當中,以脂蛋白質的形式存在于血液中。
血液中的脂蛋白膽固醇根據其密度大小分為低密度脂蛋白(LDL)膽固醇和高密度脂蛋白(HDL)膽固醇。血液中LDL膽固醇濃度高時,會引發動脈硬化,相反HDL膽固醇濃度高時,動脈硬化會受到抑制。屬于全發酵茶類的藏茶有豐富的茶多酚及茶多糖物質,而這兩者在降低血脂中發揮重要作用。
動物試驗証實,藏茶含茶多酚、微生物降解、異構轉換物、色素、(包括兒茶素及其氧化聚合物)可抑制血漿中LDL膽固醇濃度的上昇,主要作用機理為抑制消化繫統對膽固醇的吸收,促進體内脂質、膽固醇的排泄。大量的調査研究發現,喝藏茶多的人其血液中膽固醇總量較低,而其中主要的LDL膽固醇的量減少,HDL膽固醇沒有大的變化。因此喝茶可改善血液中膽固醇的比例,從而達到預防心血管病的效果。這一點同其它茶類相比效果明顯。
另外藏茶中含有豐富的茶多糖。動物試驗:給小鼠餵茶多糖,會使血液中總膽固醇、中性脂肪、低密度脂蛋白膽固醇(LDL)等濃度下降,而高密度脂蛋白膽固醇(HDL)均增力。血液中的總膽固醇、中性脂肪的濃度超過正常値就患高血脂病,低密度蛋白質膽固醇的濃度上升會引發動脈硬化,而高密度蛋白質膽固醇的增力。會抑制動脈硬化的發生。因此茶多糖能通過調節血液中的膽固醇以及脂肪的濃度,藏茶中含大量茶多酚酵化轉換物,茶多酚是一類含有多酚羥基的化學物質,極易與自由基反應,提供質子和電子使其失去反應活性,因而具有顯著的抗氧化特性。在抑製油脂的氧化的試驗中發現,茶多酚在10ug/mL的低濃度時,就和200ug/mL的維生素E有纔目同的抗氧化能力,在20ug/mL時其抗氧化能力比50ug/mL的抗氧化劑BHA強。可見茶多酚的抗氧化能力遠遠超過BHA和維生素E。在相同濃度時,各個兒茶素的抗氧化能力為EGCG>EGC>ECG>EC。
研究表明茶多酚能消除O2‐、-OH、LOO-、-NO、ONOO‐等多種無機和有機自由基,其能力大于維生素E、維生素C、BHT等抗氧化劑。其中EGCG、EGC的抗氧化性最大,茶多酚的轉換物,如茶黃素、茶黃素沒食子酸有極強的抗氧化活性。茶多酚抗氧化性還能與多種氨基酸以及維生素C、維生素E有協同作用,一起使用有更好的抗氧化效果。
茶多酚的特殊結構使其還有絡和金屬離子的作用。一些過渡金屬離子,如鐵離子、銅離子、鉛離子等,對自由基引起的脂質過氧化的連鎖反應起催化作用。試驗表明茶多酚能通過多種絡合金屬離子來阻止催化作用,從而有效地切斷連鎖反應。其絡合能力的大小為EGC>ECG=EGCG>EC。
生物體内有許多氧化酶,如黃嘌呤氧化酶繫、P-450酶繫、脂氧化酶、環氧酶等,會催化體内自由基的生成,茶多酚對這些氧化酶均有抑制作用。同時生物體内存在的抗氧化繫統,其中包括過氧化氫、超氧化歧化酶、穀胱甘肽過氧化酶等多種抗氧化酶,這些酶在體内清除自由基,防止機體受活性氧的損害。茶多酚特別是經發酵後的轉換物,能增強肝臟、肺、消化繫統、血液等組織中的抗氧化繫統的酶的活性,併起到保護體内抗氧化酶的作用。
動物體内試驗中還發現,攝取藏茶會抑製過氧化脂質的産生,維持體内維生素C、E等抗氧化劑的濃度,抑製自由基引起的DNA的損害等。成都茶與健康研究中心06年對茶浸出物抗氧化試驗証明,藏茶的抗氧化週期最長,常溫下72小時不變質,而很多茶類隔夜就已經變質氧化了。
綜上所述,藏茶中的茶多酚及其多酚轉換物可從多種途徑來阻止機體受氧化:(1)清除自由基;(2)絡合金屬離子;(3)抑製氧化酶的活性;(4)提高抗氧化酶活性;(5)與其它抗氧化劑有協同增效作用;(6)維持體内抗氧化劑濃度。起到預防高脂血症、抑制動脈硬化的作用。更為關鍵的是藏茶中有大量的膳食纖維素,能分解脂肪,排除低密度蛋白和油脂,使血脂始終保持在一個平衡度上。

〔蔵茶はなぜ宿便に利くのか?〕
生活水準の向上とともに、食生活は高蛋白高脂肪の肉類、精白小麦粉などを使った食物が主となり、食物繊維摂取量の不足が顕著になっています。都市人は歩く代わりに車を使い、オフィスワークの時間が長く、運動量が少ない、このような食習慣とライフスタイルが便秘になる原因を作っているのです。長時間排便せず、体内の有害物質を腸に滞留させていると、人体に支障が起き、腸の癌を誘発してしまいます。茶葉は主にセルロースによって構成され、その含有量は35~40%、特に蔵茶における含有量は高いです。セルロースは人の健康に不可欠な栄養要素で、その他いかなる物質でも代用できない生理調節作用があり、タンパク質、脂肪、炭水化物、ミネラル、ビタミン、水に続く第7の栄養素と呼ばれています。食物中のセルロースは大便の軟化・増量し、腸蠕動を促進、腸道をきれいにして、大便の通りを良くする役割を持っています。清潔な腸道が、腸の癌を予防するのです。通常、人は一日25~35gの食物繊維を摂取しなければなりません。もし摂取不足のまま十分運動もしなければ、長期の便秘で、肛門周囲の血液循環が悪くなり、痔になりやすくなってしまいます。蔵茶中のセルロースは便通問題を解決して、肛門周囲の圧力を下げ、血流を良くする、このように痔を予防治療するができるのです。
〔藏茶為什麼能通利宿便?〕
隨著生活水平不斷提高,現代化生活變得以高蛋白、高脂肪等肉類、精白麵粉等精細食物為主,食物纖維素的攝取量越來越少。都市人普遍以車代歩,室内工作時間長,運動量減少,這種不良的飲食習慣及生活方式是形成便祕的主要原因。久不排便,使體内有害物質在腸道停留時間延長,對人體造成危害,還可能誘發腸癌。而茶葉主要由纖維素構成,茶葉中含有高達35~40%的纖維素,尤其是藏茶中含量更高(藏茶含膳食纖維素高達35%以上),纖維素是人類健康必不可缺的營養要素,具有其它任何物質不可替代的生理調節作用。被稱為繼蛋白質、脂肪、碳水化合物、礦物質、維生素和水之後的第七營養素。其作用表現在食物中的纖維素能使大便軟化、增量,促進腸蠕動,利于腸道排空,保持大便暢通。具有清潔腸道,預防腸癌的效果。正常情況下毎人毎天需攝取25~35g的纖維素。如果攝取的纖維素少,久坐不運動,就會造成長期便祕,使肛門週圍血液循環不暢,從而引發痔瘡。藏茶中的纖維素能解決通便問題,可降低肛門週圍的壓力,使血液通暢,因此還有防治痔瘡的作用。

〔蔵茶の抗酸化とは?〕
人は正常な生命活動の中で体内に生じる有害なフリーラジカルを絶えず代謝しています。フリーラジカルの性質は活発で、極めて強い酸化能力を持っています。人体に存在する多くの抗酸化系統によって、体内フリーラジカル濃度を低く保っているので、通常は危害が引き起こされることがありません。ただ生理的(疾病など)あるいは外因(放射線など)の影響を受けて、体内の不飽和脂肪酸が酸化、過酸化脂質が生まれ、タンパク質重合が起きます。不飽和脂肪酸は細胞膜の主要構成材料です。フリーラジカル過多は細胞の正常な機能を削ぎ、細胞破壊、組織破壊と、正常な代謝機能に影響をあたえ、機能退化、老衰、疾病さえもたらされます。
現在すでに100種以上の疾病原因がフリーラジカルであることが知られています。強い抗酸化剤となるポリフェノールおよびポリフェノール重合物は多糖、色素などのようにフリーラジカルの酸化反応を阻止し、余分なフリーラジカルを徹底的に取り除き、身体を保護する役割を果たします。
〔藏茶抗氧化是怎麼回事?〕
人在正常的生命活動中,體内代謝不斷産生有害的自由基。自由基的性質活潑,具有極強的氧化能力。由于人體存在許多抗氧化繫統,所以體内自由基的濃度一般很低。正常情況下不會造成危害。但如受生理(如疾病)或外界因素(如輻射)等影響,體内自由基代謝失去平衡,過量的自由基就可誘發體内不飽和脂肪酸的氧化,産生過氧化脂質,引起蛋白質聚合。不飽和脂肪酸是細胞膜的主要結構材料。過多自由基産生會削弱細胞的正常功能,造成細胞破壞乃至組織壞死。機體的正常代謝受到影響,從而出現機能退化、衰老、甚至疾病。
目前,已知有上百種疾病的罪魁禍首是自由基。而屬于強效抗氧化劑的茶多酚以及多酚的轉換物如多糖、色素等能夠阻止自由基的氧化反應,清除多餘的自由基,起到保護機體的作用。

〔蔵茶の抗放射線とは?〕
アフリカは赤道に近く、強い放射線を受けるため、皮膚癌は黒人の最大の天敵となっています。科学測定によると、ラサの放射線量は北京の50倍以上であるのに、不思議なことに青蔵高原の皮膚癌患者数は海抜の低い地域の皮膚癌患者数より遥かに少ないのです。その理由は、長期蔵茶を常飲していることだとされています。蔵茶に含まれる豊かなポリフェノールが抗放射性、造血機能の役割を果たします。動物実験ではマウスがγ放射線照射後、茶多糖類を服用することで、ヘモグロビンや血小板を正常に保ち、赤血球低下幅を縮めることが解明されました。科学の進歩によって多量の電子機器が家に入ると、電磁波にさらされる時間が増えましたが、蔵茶を長期間常飲することで予防できる可能性があります。登山で受ける放射線は最も強烈で、皮膚を熱傷させてしまいがちですが、エベレスト登頂における最高の防護方法は、蔵茶で調整したバターを顔面、両手など皮膚が露出している部分に塗布することなのです。
〔藏茶抗輻射究竟有多好?〕
在非洲,赤道附近,由于強輻射,皮膚癌是黑人的最大天敵。科學測定顯示,拉薩的輻射量是北京的五十倍以上,但奇怪的是整個青藏高原的皮膚癌患者遠遠低于低海拔地區人群患皮膚癌。究其原因,發現長期飲用藏茶起到了關鍵作用。藏茶中含有豐富的茶多酚,有明顯的抗放射性傷害、保護造血功能的作用。動物實驗中發現,小鼠通過γ射線照射後,服用茶多糖可以保持血色素平穩,紅血毬下降幅度減少,血小板的變化也趨于正常。隨著科技發展,大量電器進入韆家萬戸,人們接觸電磁輻射的機會、時間都在增多,多飲藏茶可以預防長時間、低劑量的輻射對人體造成的危害。登山運動員遭受的輻射是最強烈的,往往灼傷皮膚,攀登珠峰的運動員最好的防護方法是將藏茶調酥油塗抹在臉上、雙手等皮膚裸露的地方。

〔蔵茶は高山病にどんな効果があるのですか?〕
専門家の研究によると、蔵茶を飲用すると血中ヘモグロビン量が倍増する、蔵茶には赤血球の再生機能があるため、「旦夕不可暫缺」の南路辺茶の諺が生まれました。
酸素の供給と代謝は赤血球系統によってなりたちます。赤血球は血液中最も多い血細胞です。赤血球中に含まれるヘモグロビンは酸素分子と結合する性質を持ち、肺から全身へと酸素を運搬する役割を担っています。新陳代謝のよって生じた二酸化炭素も同様に赤血球によって対外に排出されます。ヘモグロビンの持つ酸素結合と輸送が酸素代謝のキーポイントです。
チベットでは寒冷と酸欠、日照放射が強いので、酸素代謝中ヘモグロビンの酸素結合量や赤血球の生成輸送能力が低下し、さらに全身の各器官に影響して眩暈、吐き気、胸が苦しい酸欠症状に陥ります。蔵茶はその発酵過程中、大量の栄養成分と微量元素を吸収します。赤血球機能に寄与する主なメカニズムは以下です。
①赤血球が必要とする成分補充。蔵茶には豊かなタンパク質(20~30%)、鉄、マンガン、セレンなどのミネラル成分と、葉酸など各種ビタミンが含まれています。赤血球を構成する主原料はタンパク質と硫酸第一鉄、同様に適量のビタミンB12、葉酸など補助物質が赤血球の発育を促進します。それ以外にも、ビタミンB6、B 2、C、Eおよび微量元素である銅、マンガン、コバルト、亜鉛などを要します。蔵茶は赤血球生成に重要な栄養物質を提供します。
②抗放射線、抗酸欠効果。蔵茶原料は海抜800~2000mで生育する成熟した茶葉を摘採するので、茶多糖の含有量は明らかに他茶類より高いです。実験を通して、茶多糖が明らかに抗放射線、造血機能保護が実証されています。
③血液循環改善、酸素運搬能力向上。蔵茶に含まれる茶多糖は、免疫機能の増強、抗酸化、フリーラジカル除去、抗放射線、造血機能保護、抗凝血血栓、血小板凝集減少に有効です。茶多糖はプラスミノーゲンの活性を高め、中性脂肪、総コレステロールや悪玉コレステロールを減少させ、血細胞の安定性を高め、赤血球沈降速度を落とします。これによって血液循環を改善し、心臓血管系統を保護し、赤血球の酸素運搬能力を高めます。
④セレンによる赤血球とヘモグロビンの保護。免疫と抗体生成を促し、赤血球の脂質過酸化反応による損傷を低下、赤血球の酸素結合機能を高めます。世界の40余の国と地区でセレンは欠乏しています。一般的な茶葉に含まれるセレンは0.05~2.0mg/kg、蔵茶はセレンを大量に含み、そのセレン含有量は5~6mg/kg、大自然が人類に与えた最善の飲料です。
⑤医科を学ぶラマが多くの茶を比較して得た結論:海抜3000m以上で飲むと、酸素が増加するのが雅安蔵茶ならば、多くの茶は飲むと酸素を消費して頭痛を感じます。それはポリフェノール重合物が作用することにあります。単純なポリフェノールは人体に吸収される過程で酸素を消耗させます。多糖、テアフラビン、テアルビジン、テアブラウニンは大量の酸素を消費しません。
〔藏茶主要以什麼功效對抗高原反應?〕
經區學專家研究發現,飲用藏茶後血紅蛋白的載氧量增高一倍以上,而且藏茶有紅細胞再生功能,難怪在高原有“旦夕不可暫缺”的諺語。
機體氧的供給和代謝主要是通過紅細胞繫統來完成的。紅細胞又稱紅血毬或紅血細胞,是血液中最多的一種血細胞。紅細胞中含有的血紅蛋白能和空氣中的氧結合,因此紅細胞能通過血紅蛋白將吸入肺泡中的氧運送給組織,而組織中新陳代謝產生的二氧化碳也通過紅細胞運到肺部併被排除體外。血紅蛋白的攜氧能力及運輸狀態是氧代謝的關鍵。
西藏地區高寒缺氧,日照輻射度強。機體氧代謝中血紅蛋白攜氧量低,紅細胞的生成和運輸能力下降,進而影響全身各繫統出現頭暈、惡心、胸悶等缺氧癥狀。
藏茶在其全發酵過程中,較完整地保存大量的營養成份和多種微量元素,為紅細胞繫統的發展提供多方麵支持,主要機理為:
①全面補充紅細胞生長發育中的各種原料。藏茶中含有豐富的蛋白質(約占20~30%)及鐵、錳、硒等礦物質,及葉酸等各種維生素。而機體製造紅細胞的主原料為蛋白質和二價鐵,也要有適量的維生素B12、葉酸等輔助物質,促進紅細胞發育成熟。此外,還需要維生素B6、B2、C、E以及微量元素銅、錳、鈷,鋅等。可見,藏茶為紅細胞的生成和成熟提供了重要的營養物質。
②抗輻射、抗缺氧作用。藏茶原料採用海拔800~2000米以内的成熟茶葉,其中茶多糖含量明顯高于其它茶類。經實驗証實茶多糖具有明顯的抗輻射損害、保護造血功能的作用。
③改善血液循環,提高運氧能力。藏茶中含有豐富的茶多糖,能增強機體免疫功能,還有抗氧化、清除自由基、抗放射線傷害、保護造血功能、抗凝血和血栓、減少血小板凝集等作用。茶多糖還有提高纖維蛋白溶解酶活性、降中性脂肪、降總膽固醇及低密度脂蛋白膽固醇、提高血細胞的懸浮穩定性,減慢血沉。從而改善血液循環,保護心血管繫統,提高紅細胞運氧能力。
④富含硒類物質,全麵保護紅細胞及血紅蛋白。硒類物質能激發免疫及抗體產生,有效地降低血紅細胞脂質過氧化損傷,提高血紅細胞攜帶氧的功能。世界上40餘個國家和地區貧硒。一般茶葉含硒0.05~2.0mg/kg,藏茶是一種富含硒茶類,硒的含量大多在5~6mg/kg,這是大自然賜予人類的最佳飲料,飲用藏茶是補充人體硒元素的最佳途徑之一。
⑤學醫科的洛桑喇嘛比對了多種茶得齣的結論是:之所以叫藏茶,是在海拔3000米以上喝了能夠增加氧份的雅安藏茶,而許多茶喝了會耗氧,主要錶現是頭痛加重。其實,這是多酚轉換物在起作用,單純的茶多酚被人體吸收的過程所需要的氧份消耗大,而轉換物如多糖、茶紅素、茶黄素、茶褐素就不會産生大量的耗氧。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。