雅安茶廠が教えてくれた蔵茶百問百答⑩

〔蔵茶フットバス〕
とても良いです。中国の民間では昔から薬浴、足浴で疾病を予防する伝統がありました。蔵茶はポリフェノール、ビタミンを豊富に含みます。ミネラル、ポリフェノール、サポニンなどが抗菌、抗アレルギーなどの役割を果たします。蔵茶中の芳香物質には消臭、消炎効果もあります。そのうえ蔵茶には強い互換性があり、紅花や杜仲などふさわしい漢方薬と配合すれば薬茶フットバス剤が作れます。足裏から全身調節作用が期待できます。必要に応じて適度な濃度(1:25~50)で蔵茶を煮出し、中薬をブレンド、35~40℃の湯に脚を浸せば、疲労回復、体力回復、消臭除菌に効果があります。
〔藏茶泡腳是很好的嗎?〕
很好。中國民間很早就有藥浴、足浴防治疾病的傳統。藏茶中含有豐富的茶多酚、茶多糖及維生素豐。礦物質等,茶多酚、茶皂素等有抑菌、抗過敏等作用;藏茶中的芳香物質又有除臭、消炎等功效。而且藏茶具有很強的兼容性,或者可選擇適當的中藥如紅花、杜仲等與之調配,製成藥茶足浴液,作用于足底經絡,達到全身調節的目的。您根據需要熬煮適當濃度(1:25~50)的藏茶茶汁或者配以中藥,以約35~40℃水溫泡腳,可以迅速緩解疲勞,恢復體力,除臭抑菌。

〔蔵茶はホットとアイス、それぞれの特徴〕
それぞれの習慣趣向によります。ホットで飲むと、立ち上がる熱気によって茶の香気を嗅ぐことができ、味も濃郁で甘い余韻があります。アイスで飲むと、甘味が爽やかに通って、深くしみわたります。冷蔵庫で凍らせて飲めば更に無比な爽やかさが味わえます。更には氷を砕いて、レモン、砂糖を加えてれば高級茶かき氷ができます。
〔藏茶熱喝與涼喝各自有什麼特點?〕
這主要看各人飲茶的習慣按常規熱喝,隨著上揚的熱氣,可以嗅到茶香,口感也濃鬱迴甜;涼喝甘利通爽,沁人心脾,如果在冰箱裏凍一下再喝,更是舒爽無比。有人乾脆混冰打碎,加檸檬、加糖,就成了一杯很高檔的冰紅藏茶。

〔蔵茶を煮出す茶器の条件〕
チベット地域で蔵茶を煮出す伝統的茶具は銅壷、蔵鍋ですが、時代が進歩するにつれて、蔵茶に対する神秘的ベールは開かれ、北京、広州、香港、台湾、アメリカ、EU、ロシア、日本など、健康を意識する人々の人気を得て蔵茶を煮出す茶具も多岐にわたるようになりました。蔵茶は特殊な効果により、一定の時間煮る必要があります。その効果が発揮できるよう、にステンレスポット、電熱ポット、耐熱陶磁器ポット、電熱紫砂ポットなどが使われていますが、便利、シンプル、実用を兼ね備えたガラス製がおススメです。コーヒーサーバーも蔵茶に利用できます。オフィスビルのホワイトカラーは魔法瓶に蔵茶をいれていますが、有効です。
〔熬煮藏茶有什麼專業的器皿要求嗎?〕
在藏區一般傳統熬煮藏茶選用銅壺、藏鍋,但隨著時代的進步,藏茶揭開神祕的麵紗,進入北京、廣州、香港、臺灣、美國、歐盟、俄羅斯、日本等地,受到關愛健康人士的普遍歡迎,其熬煮的茶具也十分衆多。由于藏茶的特殊功效,需一定的時間熬煮,其功效纔更能淋灕盡致的發揮其韻的要求,一般使用不銹鋼隨手泡壺、電熱杯、耐熱陶瓷壺、電加熱壺、電熱紫砂壺等器皿,建議最好使用玻璃隨手泡壺,方便、簡單、實用,有的家庭有熬煮咖啡的玻璃器皿,也是煞煮藏茶的最佳選擇。寫字樓的白領一族用熱水瓶膽悶泡,效果也很好。

〔蔵茶の飲用にはどのような茶器がベストですか?〕
蔵茶飲用方法はチベット族の飲用習慣によって分けることができます。使用される茶具には磁器碗(噶波)、銀碗(餓波)、玉碗(央波)、木碗(星波)などがあり、チベットの伝統によると、民間で最も使用されたのは木碗で、この種の木碗はカバノキや雑木で彫って作られました。現代の茶具は透明ガラスポット(電熱ケトル、電気ポット、アルコールランプポットいずれでも可)、グラス(低い、ガラス工芸杯が最適)、白磁杯、紫砂杯など使用すると良い。
蔵茶の特徴は四絶:紅、濃、陳、醇。蔵茶を飲用は唇舌にだけにとどまらず、更にその神韻に及びます。それゆえ透明グラスを使用して蔵茶の美感を堪能することをおすすめします。
〔飲用藏茶用什麼茶具最好?〕
飲用藏茶按藏族的飲用習慣可分為多種飲用方法,其相應使用的飲茶器具有瓷碗(噶波)、銀碗(餓波)、玉碗(央波)、木碗(星波)等,按藏族傳統,民間一般人使用最多的是木碗,這種木碗一般用樺木、雜木彫琢而成。現代飲用的茶具可選用透明的玻璃壺(手泡快熱壺、電磁壺、酒精爐壺均可)、玻璃杯(以低杯和玻璃工藝茶杯最佳)、白瓷杯、紫砂杯等各種飲茶用具都可。
因藏茶的特點為四絕:紅、濃、陳、醇,飲用藏茶不僅在脣舌之間、更在于品其神韻,故而建議使用透明的玻璃杯更能透齣藏茶的美感。

〔蔵茶の正しい保存収蔵は?〕
蔵茶は深い発酵の茶、保存時間が長いほどその味わいの醇厚、甘爽、陳香が顕著になり、時間の経過で、年月が経った蔵茶の経済的価値は高まります。保存収蔵の過程で要注意すべきなのは、蔵茶の品質は室内の湿度や刺激的な異臭など外部的要因で影響されるということです。以下の問題に注意しましょう:
①蔵茶を保存する室内の良好な通気性を保持、湿気を避けます。
②湿度が60%以上の時は、定期的に除湿あるいは窓を開けて通気します。湿気は蔵茶にカビを発生させる原因となります (2時間エアコンかけるのが良い)。
③強烈に異臭があるもの、例えばペンキ類、酒類、化学的な揮発性物質を置くのは厳禁です。
④毎年夏季温度が強烈な時、通気性のある場所に茶を置いて、3~7日日陰干しします。直射日光は避けて下さい。
⑤書斎、応接間、寝室に保管すれば、通気性が確保できます。屋内の空気を改善、生態環境を改善、常に茶の香りを嗅ぐことができれば、同時に収蔵の目的を果たし、一挙数得になります。
⑥蔵茶は緊圧茶に属し、水に濡らしたり乱暴に扱うことは厳禁です。外観や包装の破損は収蔵価値を損ないます。
〔藏茶如何正確存放和收藏?〕
藏茶由于是深度發酵茶,它存放的時間越久其味越醇厚、甘爽、陳香,隨著時間的推移,年份越久的藏茶其經濟價值越高,在存放和收藏過程中須註意室內的空氣濕度和刺激性異味等外部因素影響藏茶的品質,應註意如下問題:
①保持存放藏茶的室內通風性良好,忌潮濕。
②如果空氣濕度大于60%以上時,應定期抽濕或勤打開門窗通風,以免因空氣潮濕而使藏茶發黴(開兩個小時空調也是好方法)。
③嚴禁與有強烈異味如油漆類、酒類、含化學揮發氣味類物質存放一室。
④每年夏季陽光溫度強烈時,置茶在通風,上晾曬3~7天,註意避免陽光直射。
⑤建議存放于家中的書房、客廳、臥室,這樣既可通風,亦可改善房屋內的空氣質量,改善傢居生態環境,隨時能嗅到茶香,同時又達到收藏的目的,一舉幾得。
⑥藏茶屬于緊壓茶,嚴禁水浸或摔拋,外形或包裝的破損都會對其收藏價值打摺釦。

〔蔵茶が湿気るとカビますか? どのように処理すべきですか? その味わいは変わりますか?〕
湿気はすべての茶類が避けるべきもので、そのため換気の維持が保存収蔵で第一に重視することです。蔵茶は深く発酵した茶(後発酵茶)に属すため、一定の湿度で陳化が加速しますが、もし不注意で長時間高い湿度にさらされると、茶は湿気って白カビが発生します。換気乾燥した場所で除湿(エアコン可)或いは屋外で日陰干しすれば、数日後にはカビは自然に消失します。カビの状態がひどければ、ブラシ、タオルなど柔軟な布地で表面をふき取り、ドライヤーなどで十数分間加熱すると良いです。ただし、黒カビ、緑カビ、灰カビは茶には悪いカビです。
蔵茶の発酵特性により、防湿保管は望ましくありません。物流過程で問題が起き、茶の表面に白カビが生えても早期は品質に影響することがなく、同様に蔵茶の味わいに影響することはないので過度な心配は無用です。
〔藏茶受潮後會發黴長毛嗎? 應該如何處理? 其品味有無改變?〕
潮濕是所有茶類產品都忌諱的,因此保持通風是其收藏存放藏茶的首選,藏茶因屬深度發酵(後發酵茶),需要一定的濕度加速陳化也是必要的,如果不小心因濕度過大,時間太長而使茶因受潮而發黴生白毛,應及時取齣拿到通風乾燥的地方,也可以抽濕(開空調即可)或在陽光下晾曬,幾天後長齣的黴毛自然會消失,如發白毛的情況嚴重,可用毛刷、毛巾之類柔軟紡織品去除錶層的白毛,再用電吹風之類的加熱器具加熱十幾分鐘即可。但如果是黑黴、綠黴、灰黴就是壞茶了。
由于藏茶的發酵特性,保管防潮做得不好,有的在物流環節也會出問題,就會在茶的表面長白黴,早期不會影響品質,也不會影響藏茶的口感,無需過分擔心。

〔蔵茶の最も美味しい淹れ方〕
茶は人間に用いられた当初は薬であり、唐代以前茶は全て煮出して飲用され、その有効成分は充分に人体に吸収することができました。明代より淹茶は流行、清朝に至ります。茶は社会のニーズと共にその存在は変化、茶文化あるいは茶に関連した事柄を演出、薬となる植物から賞玩の対象となりました。国外で正統な“中国茶”喫茶は熬煮で、“烹茶”と俗称され、国外に茶が伝わった軌跡と言えます。歴史・政治的要因から生まれた蔵茶は千年を超える歴史ある古黒茶で、チベット地域の厳しい自然環境と身体的必要性から、古より古い飲茶習慣が保たれてきました。即ち茶は煮て飲用する、その口当たりが更に良くなるだけでなく、蔵茶を煮ることによってその身体的各保健機能が更に突出します。
蔵茶のいれ方は実はシンプルで、沸騰した湯に適量の蔵茶を入れ(この時蓋をしない)、2~3分煮て火を止め、蓋をして1分間蒸らしたら茶漉しに通して飲用します。煮た茶はポットに注いで1~2時間蒸らします。蒸らすことによってその味と香りは更に引き立つのです。毎晩就寝前に煮た茶をポットに入れて翌日飲用すれば、その茶の発酵は充実し、保健的効果が高まり、またその味はさらに良くなり、水色も鮮やかに紅く透き通ります。蔵茶の中でも高級な雅細、片茶、双環、佛環茶などは、年月を経た蔵茶と同様、湯を注ぐだけで飲用できます。大きめの茶器に沸騰した湯を注ぎ、蒸らし時間を長めにとれば、紅・陳・醇を特徴とする蔵茶の魅力を体感できます。
〔怎樣熬煮或泡藏茶口味最佳?〕
其實茶自被人類應用之始即與藥物同類,在唐朝之前,茶都是用于熬煮後飲用的,其功效成份才能被人體充分吸收。從明朝開始,茶才流行沖泡飲用,到清朝時期達到鼎盛。茶在適應社會需求的同時,演繹出許多茶文化或有關茶的趣事,把茶從等同于藥物的一種植物逐歩過渡到品其香、悟之理、怡其韻的虚實把玩聖物。國外飲用正統的“中國茶”一定是用熬煮的方法,俗稱“烹茶”這也是“茶”傳到國外留下的印跡。
藏茶是一種有上千年歴史的古黑茶,由于歴史、政治的原因和産量、工藝等要求,鮮為人知,在藏區由于惡劣的自然環境和人體必需的要求,千百年來一直保持著古老的飲茶習慣,即先把茶熬煮過再飲用,不僅口感神韻更佳,經過熬煮後的藏茶,其對人體的各項保健功能就更為突出。
藏茶的熬煮其實很簡單,待水温加熱到開,放入適量藏茶(此時勿需加壺蓋),沸騰熬煮2~3分鐘關火,蓋上壺蓋燜泡1分鐘,濾渣後即可飲用。
由于藏茶的陳、醇特点,建議将煮好的茶先倒入暖水瓶中燜1~2小時,其味更醇香,尚可毎晩睡前将煮好的茶放于暖水瓶,第二天飲用,其茶的深度發酵過程更充分,保健作用価値和口感更佳、更滑膩,湯色也更鮮艶透紅。
藏茶中的高端細茶如雅細、片茶、雙環和彿壽茶等,都和有年份的藏茶一樣可以泡飲,沖泡的容器要寬大,水温要滾開,泡茶密蓋期稍長,一樣可以感受到藏茶紅、濃、陳、醇的魅力。

〔チベット地域ではなぜ“老茶は薬の如し”と言われるのか?〕
チベットの蔵茶に関することわざに、“生臭い肉食は茶で解消する”、“一日茶が無ければ滞り、三日茶が無ければ患う”があります。濃く煮た蔵茶は、過度の飲酒、動悸、痘痕、頭痛発熱、のどの痛み、かすれ、胃腸失調などにも用いられます。老茶“茶気”の効果はさらに強く、茶を飲んだ者は顔面が軽く発汗、身体の軽さを感じる、まさに妙薬を飲んだような効果があります。民間では老茶の茶気を薬味と表現し、諸病に利くと信じられていたのです。
〔在藏區,為什麼有“老茶如藥”的説法?〕
其實藏諺特指藏茶“腥肉之食,非茶不消;青棵之熱,非茶不解”,“一日無茶則滯,三日無茶則病”, 這已經從千百年藏胞的飲用中發現了藏茶“清油膩、消熱毒”的功效。藏茶熬濃汁,同樣用于飲酒過度、心胸悶堵、顏面起痘、頭痛腦熱、嗓子疼痛、嘶啞、胃腸失調等等,隻是老茶醇和陳香,“茶氣”效應更強烈,品茶的人有一種輕汗沸麵、身輕如燕的舒泰感受,被形容為如藥的效用。民間將老茶的茶氣稱為出藥味了,並相信諸病皆消的傳説。

〔蔵茶はなぜ突然流行したのでしょうか?〕
蔵茶の人気は、その価値と品質が時代の発展とニーズにマッチしたことによります。新世紀に入って以来、生活の質は飛躍的に高まりましたが、その結果起こる“都市文明病”も急速に蔓延しています。未病、高脂血症、高血圧、糖尿病、心脳血管疾患など、不適切な食習慣やライフスタイルによって身近なリスクとなっています。2004年、中華医学会は8大都市の“三高症”に対して調査した結果、“三高”は労働人口の20%近くを占め、また26%が臨界状態にあることを発表しました。香港600万人口のうち糖尿病患者であると診断されているのは100万人近くに達します。その他、肥満症、痛風、脂肪肝、腫瘤なども年々高まる傾向にあります。これらの現象は人類に対してする疾病が自分の身に降りかからぬよう、“未病を根絶して、生命を大切にする”新たな世紀となるよう警鐘を鳴らしているのです。
各種茶類を探求すると、医学専門家は蔵茶が天然の健康飲料であると認めています。放射が強く、高地寒冷酸欠の環境下にある青蔵高原に住むチベット人の食生活は牛羊肉、チーズ、バターと裸麦を主食としています。海抜2500m以上、沸点が65~80℃で調理する食べ物は高熱が通っていないにもかかわらず、三高や消化不良の症状は少ない、その原因として蔵茶が大いに関係していたのです。チベット民族の諺に“一日茶が無いと滞り、三日茶が無いと患う”という言葉がある所以です。
〔藏茶為什麼突然走紅?〕
藏茶之所以走紅,是因為其本身的價値和品質順應了時代的發展和需求。
進入新世紀以來,人類生活質量獲得飛速提高。但隨之而來的“都市文明病”也迅速蔓延。亞健康、高脂血症、高血壓、糖尿病、心腦血管疾病等睡著高速緊張的生活節奏,多種不良的飲食習慣和生活方式歩歩緊逼。2004年,中華醫學會對我國八大城市的“三高症”調査顯示:“三高”在壯勞力階層達到了近20%,並且有高達26%的人群處于臨界状態。香港600萬人口中,已經被確診為糖尿病的患者接近100萬。其它諸如肥胖症、痛風、脂肪肝、腫瘤等也有逐年增高的趨勢。這些現象為今天的人類敲響警鐘,他們渇望所有的疾病概率不要落在自己身上,從而揭開了尋找新方法“杜絶亞健康,愛惜生命”的新紀元。
在對各種茶類的探尋中,醫學專家首肯了冰封韆年的古老藏茶,認為藏茶其實就是最天然的上等保健飲品。醫學專家們發現:在青藏高原強輻射、高寒缺氧的環境下,藏民飲食以牛羊肉、奶酪、酥油和青稞為主。但海拔2500米以上,水温沸點一般在65~80℃左右,所以藏族同胞煮熟的食物其實都是半生熟的,但他們很少齣現三高症或消化不良。究其原因,發現與他們時刻不離的藏茶有極大的關係。藏族諺語説:“一日無茶則滯,三日無茶則病”

〔蔵茶に金花菌を求めるわけ〕
金花菌は黒茶の渥堆発酵中に生じる有益な微生物で、学名を“冠突散囊菌(Eurotium cristatum)”と言い、それは人体の消化器系や心臓脳血管に有効に作用します。この種の菌は早期の川字茯磚や50年代に始まった湖南茯磚茶に強調されますが、康磚、金尖中の活性菌の主流は金花菌ではなく、健康に有益な主流菌は大量の酵素、ビタミンB群、その他デンプン分解酵素アミラーゼで、金花菌の特徴は蔵茶で訴求する要素ではありません。
〔在藏茶中有的人追求金花菌、是怎麼迴事?〕
金花菌是黑茶中渥堆發酵中普遍産生的微生物有益菌群,學名叫“冠突散囊菌”,其主要作用有益于機體的消化繫統對心腦血管繫統也有清洗贅生物的作用,這種菌在早期的川伏磚和50年代始的湖南伏磚黑茶中有所強調,作為伏磚茶的一種主要香型和健康元素,而康磚、金尖中作為附屬活性菌,不是主流群菌,藏茶中有益健康原的主流菌群是大量的酵素,相當于現代生物工程學所指的維生素B族,其它分解葡萄糖的葡萄糖酶也很豐富,所以金花菌的特點不是藏茶強調的主訴求。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。