ぼく、グジグジ

作・絵: チェン・チーユエン
翻訳: 宝迫典子
出版社: 朔北社
価格: 1470円(税込)
発売日: 2004年9月
ISBN-10: 4860850181
ISBN-13: 978-4860850180

~お話~
アヒルの巣でかえった卵。生まれたのは、青い水玉模様のクレヨン、しま模様のしまうま、黄色いつきのひかり、そしてグジグジです。兄弟それぞれ見た目が違っていても、かあさんアヒルはみんなわけへだてなく可愛がり育てました。そんなある日、グジグジによく似た動物が3びき湖から出てきました。それはワニでした(やっぱり‥)。
~メモ~
陳致元(チェン・チーユエン)は独特な描写世界をもっています。一番鮮明にわかるのが『小魚散歩』という作品です。ユィちゃんという少女が犬といっしょに近くのお店にお買い物に行くだけのシンプルなお話ですが、大人だったら素通りしてしまうようないつもの道でもすてきなことがいっぱい見つけられる子どもの視点で描かれた素晴らしい作品だと思います。『一個不能没有禮物的日子』は小さな末っ子の小熊ちゃんが家族に楽しいクリスマスをプレゼントしようと奮闘する、けなげて可愛いお話です。もし機会がありましたら、ぜひこれら3作品を読みくらべてみて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。