上海総会

上海総会2005

上海総会2014

中山東一路3号
上海総会(上海倶楽部)というのは1861年に創設された在上海イギリス人クラブの名前です。
1909年改築された建物の外観は典型的なイギリス古典主義建築様式ですが、内装は日本の帝国ホテルのスタイルも参考にされているため“東洋のロンドン”と称されました。
上海総会は太平洋戦争中に閉鎖され、建物は日本軍に占領されましたが、戦後1956年からは国際海員倶楽部として使われ、1971年に東風飯店となりました。80年代、東風飯店の2階にはケンタッキーフライドチキン上海第一号店も開店しました。
しかし、かつてこの建物が特別な存在たるゆえんはいまだ健在です。長さ34mのバーカウンターは当時だけでなく、現在も上海最長のものであり、シーメンス製の三角エレベーターは80年たった今も人々を乗せて動いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。