東方匯理銀行大楼(インドシナ銀行)東方大楼

東方匯理銀行大楼2005

中山東一路29号
東方匯理銀行(インドシナ銀行)は1875年、いくつかのフランス系銀行の投資によってパリで設立し、1891年上海に分行を開きました。
高い建築物がたちならぶ外灘(バンド)の中では三階までしかない東方大楼ですが、高さ21.6mは各階の高さをとてもぜいたくにとっていることを表しています。後の時代の建物にはあまりないことです。高く低く音符のように並ぶバンドの一員として美しい旋律を奏でる建物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。