ジョージアのお茶研究所の歴史1

1930年Anaseuliにお茶と果物を研究する研究所が創立しました。
ソビエト時代、茶栽培を行うために科学者たちは連邦15ヶ国を研究して、黒海あたり、バトゥミやアチャラ地方が茶を栽培する最適地であると結論を出しました。
地質や気候などを研究した結果、一番良いところであると結論づけられたコーカサスの豊かな自然に恵まれたジョージア(旧グルジア)はワインの発祥地であり、さまざまな果物が栽培されている地です。(2016-05-27)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。