西グルジア料理

主食は小麦やトウモロコシ。
ナスもグルジアの名産物。
グルジア料理を代表するハチャプリは中にとろける山羊のチーズがいっぱい入っていて、表面にバターがかかっているパンで、さまざまな種類があります。小麦からつくられるパンには大きく分けて2種類があり、インドのナンに似たショティと呼ばれる伝統的なパンで、大きなパン窯の内側の壁に平らにした生地をはりつけて焼きます。もうひとつは、フランスパンに似た固いパン。西グルジアでは、トウモロコシの粉を固めて焼いたチャディもよく食べられます。
ヒンカリは大きな水餃子のような料理で、具には肉と玉ネギとハーブ、スパイスを入れ、ゆでて、中のおいしい肉汁をこぼさないように両手でつかんで食べます。(2016-05-06)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。