Assam1864 アッサム

1864年当時のアッサムは英領インド最東端、西にブータン、北にチベット、南東にビルマ(現ミャンマ)に囲まれた22,000スクエアマイルの大陸で、季節の移り変わりで色が変わる密林と入り込めない草原でおおわれていました。
実に、60以上の川があり、こんなに多くの川が流れる土地は世界のどこにもありません。
豊富な水は、インドの中でも最も肥沃な大地を形成しています。
世界的最多雨量地域で、雨季は3月に始まって11月まで続き、川やそのた水場の水位は8ヵ月の間一定のままです。
かつてヨーロッパ人が踏み入れたことのない未開地が突然魅力の中心になったのは、東アジアでしか育たないと思われていたお茶を生産する可能性を見いだせる希望の地となったからです。
多くの会社が政府から広大な土地をリースして挑戦しましたが、すべての土地が、茶園にふさわしいというわけではありません。巨大な資金が、地ならしをするために費やされます。プランテーション開始前に少なくとも4年かかり、茶を生産するためにさらに数年かかりました。夢を抱いて秘境アッサムに挑んだ開拓者たちにとっては、ひどく忍耐を必要とした時代でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。