Assam1864 ベンガルタイガー

ベンガルタイガーは、扱いにくい生き物だったと主人公は書いています。
夜に雨が降るならば、バンガローのまわりあちこちで彼らの足跡が残されていました。隙を見つけると、親牛と子牛を引き離して、子牛を奪っていってしまいます。
牛が殺されると、茶園で働いているチョウタ・ナグプル台地から来た労働者がバンガローに来て、殺された牛を求めました。
そのような肉を忌避しないカハル(伝統的にパランキーン運搬、水上運搬を生業にした人々)にとって死んだ牛はご馳走なのです。
地元ハンターはRs.5と引きかえに茶園を餌場としているベンガルタイガーを殺すことに同意しました。
ベンガルタイガーは、非常に賢く、しばしば巣を変えます。
ジャングルで彼らの足跡を理解することは難しいですが、それらは川辺で簡単に気づくことができます。
水を飲むためにそこに行くとき、彼らは沖積土の上に足跡をつけます。
地元ハンターは、足跡がついた場所にそこを踏むと毒矢が腹部を貫くよう罠をしかけました。
罠にはまった瀕死のベンガルタイガーの青い目から、主人公はかつて撃ち落としたトンビの目の中に認めた憎悪を思い出して感傷的な気分になりました。
ハンターは成功報酬とベンガルタイガーの皮を持って帰ったのですが、それは、茶園の牛を殺したベンガルタイガーではなかったようだと主人公は疑心暗鬼に陥っています。
その事件の後、牛舎の別の一頭が、ベンガルタイガーに倒されました。
毒矢の犠牲になった家族の復讐かも知れないと思わせる出来事だったのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。