Assam1864 バッファロー

ある日、2人の牛飼いが息せき切って、牛が野生のバッファローの群に追われていると言いに来ました。
主人公は銃を携帯して飛び出します。
じっと動かないおよそ20頭のバッファローの群を遠ざけるために、空に発砲しました。
動物を殺すことが苦手な主人公は、怒って自分の方へ向かってくる一頭から逃げるためにあちこちに走りまわったあげく、大きなモグラ塚の後に隠れてやり過ごすはめになりました。
ヨーロッパ人は、狩猟をスポーツとして考えていました。
野生のバッファローを見つけるとすぐに撃ち、反撃してくるバッファローに発砲して喝采します。
仕留めたバッファローを、ハンターは残します、そして、その後、ハゲワシとキツネの饗宴となります。
バッファローの子がヨーロッパのハンターの弾丸の犠牲者になったとき、その尾を切って、オックステールスープのためにそれを家に持って帰るかもしれません。
主人公の場合、草原で鹿を狩ったときは、舌と肝臓を自分のために残して、肉は労働者たちに分配しました。
夕方に、労働者居住区から料理場で焼かれている肉のにおいを感じて、彼らが心ゆくまでその夜夕食をとれることに満足したのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。