Assam1864 出稼ぎ労働者

一緒に蒸気船で到着した労働者、彼らはグループをつくって、開放的な空の下で眠るための準備をしていました。
彼らも担当者が現れなかったので、船着場で夜を過ごさなければなりませんでした。
子供や女性は、食物を料理するための炉を作るために、石を捜していました。それは単純な装置で、3つの石を等しい間隔で三角形に置き、三角形の範囲内で火を起こし、石の上に料理用鍋を置いて、米を炊くのです。
男性は多少の薪を持ってくるために、森に出かけました。
若干の明りを投げ散らかす火と煙は波止場を魔法のように不可解に見せました。
彼らと同じ状況の犠牲者であったというだけでなく、インド本土から一緒に到着したという事実は、主人公を彼らと同類であると感じさせました。
この見知らぬ土地で、彼らも主人公も同じ外国人でした。
主人公がヒンドゥー語で言葉を発するやいなや、彼らは主人公のまわりに群がって、アッサムについて教えてくれるよう頼みました。
ヨーロッパ人がインド人の信頼を得たいならば、彼らの言葉で話さなければならない、これは主人公の信念でした。
労働者たちは、彼らがどうして自らの土地を離れなければならなかったのか、どのようにアッサムに誘われたか話し始めました。
彼らのうちの一人は、金細工職人で、エージェントにだまされて店を売却しなければならず、より楽しい将来を約束してくれるアッサムに行くことにしたと。
翌日、担当者が到着すると、彼らが我先にボートに乗るために押し合ったので、波止場が大きな騒ぎになりました。
男女は離され、それぞれのボートに乗る名前が大声で呼ばれました。
さまざまな場所から来た労働者は異なるカーストに属しているわけですが、旅の間一緒にお互いによって料理される食物を食べていても、落ちつくとすぐに、彼らは決まってカーストと儀式を守ります。病気になると外国の薬を呑み込むかもしれないが、異なるカーストの人々によって料理される食物にさわりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。