Assam1864 アッサムでの初めてのティータイム

船着場で象使いが迎えに来るのを待つ時間、最初に提供されたサービスが、ティータイムでした。
「本物のペコ、最高のお茶をお持ちします。このあたりの茶園の旦那は、常に最高のお茶をくれます。この建物は、実はティーカンパニーの倉庫です。私は、彼ら全員と懇意にしているのです」
翌朝は、川で沐浴をして、男の使用人によって作られたモーニングティーと米から作ったというケーキを楽しみました。
英国人はインドの生活水準を改善しようとしました。
教育と誠実、これら二つの重要なツールで、英国人は2000年の眠りからインドを起こし、彼らが生きる宗教とカーストの災いを除いて新しいインドの繁栄を導こうと考えていました。
学校が政府主動で建てられ、宣教師の布教活動が行われていました。手に剣を持つかわりに、ヨーロッパの宗教と文明で武装しようとしたのです。
主人公の考えは少し異なっていました。郷に入っては郷に従うべきだと。
そんな主人公も時にはクリスマス晩餐会に持ち込まれたシャンパンを楽しんだり、母国の音楽を楽しみました。
アッサムの茶園で、ヨーロッパ人の食習慣は、以下の通りでした:
朝7時に軽食、正午の朝食、午後2時の昼食、午後7時~8時に夕食。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。