Assam1864 医療

1860年代、インドの他の地域からアッサムに連れてこられた労働者は、アッサムに到着後、多くが病気になって死亡しました。統計によると、死亡者の63%が到着初年以内に亡くなっています。
生き残った人々が技術を手にする頃には、会社との彼らの契約は期限切れになります。そして、茶園は何度も同じプロセスを経験しなければなりませんでした。
コレラ、マラリア、赤痢と水腫が、特に注意しなければならない主要な病気でした。
大きな茶園には医療施設があり医者がいて、必要とされる医薬品がたいがいそろっていました。
蚊の温床では、マラリアを予防するために十分なキニーネを保つ必要がありました。
アッサムではたくさんの蚊が血を求めて群がりました。主人公は、これまでそのように大きい蚊を見たことがなかったので恐れをなします。蚊を叩いて足に残った残る跡は石炭のように黒かったといいうます。
いつも多くの病人が病院にやってくる医者の悩みは、怠惰な人が仮病を使って、本当に治療しなければならない人の時間を奪うことでした。
働かない人がいると、茶園が損失を受けるのです。
一方、アッサム原住民は西洋の医療を受けたがりません。彼らは非常に迷信深くて、ヨーロッパ人が彼らにもさわるならば、汚されると考え、時々薬は受け入れますが、通常自らハーブ療法で処置しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。