Assam1864 住居事情

労働者は、狭い道の両側に並んだ草ぶき屋根の竹小屋に住んでいました。
日々必要な野菜を栽培する小さな家庭菜園を多くの小屋が持っています。
家族は各々の小屋で生活しています。会社の規則に従って、独身者は2人で一つの住居に住まなければなりません。労働者は、希望すれば、自身で家を建てることができましたが、そうするのはごく少数でした。彼らには永久にここで落ちつきたいという願望がなかったのです。
主人公が労働者居住区に訪れた時、みな茶園で働いていたので、小屋はすべて閉まっていました。
何人かの子供たちが遊んでおり、彼らは年をとった女性によって世話をされていました。
ここで自由に動き回って、あちこちで投げ散らかされたゴミをあさっている野良犬やブタを見たとき、それは楽しい光景ではありませんでした。
どうしてブタを大目に見ていますか、彼らが人間と一緒に暮らすのを見るのに耐えますか?主人公は率直に尋ねました。
理由はありました。低いカーストの人々は、ポークを一般に食べます。労働者が無作為に投げ散らかすゴミをブタが食べて、居住区をきれいにしておくのを手伝います。ブタが、労働者がすべきことをしていたのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。