Assam1864 最初の使用人

茶園ジュニアアシスタントには複数の使用人、昼と晩に1人ずつの衛兵、食材担当者、料理人、掃除人、洗濯人、馬番などが必要となります。
会社は、最初の5人を提供してくれます。
緊急に見つける必要があるのは料理人でした。
主人公が先任アシスタントから紹介されたのが、ナワブ(インドの昔の藩王)のキッチンでコックとして勤めていたことがあると自慢するイスラムコミュニティに属している男でした。
主人公のウルドゥー語を聞いたとき、彼の顔は輝きました。
「あなたは、私に再出発の機会を与えてくれました。常にあなたの影のように共にあり、ナワブがこれまでに食べた最高の料理をご提供します」
「あなたが忠実に働くならば、私はあなたにRs.7の月収を与えますが、あなたがいい加減になるならば、私はあなたを送り返します。いいですか?」
「アラーと共に!血の最後のしずくまで忠実にあなたに仕えることを誓えますが、ただ西洋料理を作る方法を知りません」
「心配しないでください。モスリムの食物をよく知っています」
バンガローのキッチンは、ブタ小屋のように汚い、細長い部屋でした。
ヨーロッパ人はインドであえてキッチンに入りませでした。なぜならば、食事を作られている場所を見ると食欲がなくなるほど不潔だったからです。主人公が料理人に最初に頼んだことは、常にキッチンをきれいにしておくことでした。
ココナッツ、檳榔子、デイツ、マンゴー、パラミツ、タマリンド、バナナ、オレンジ、ナツメ、フルーツはたっぷり見つかります。
ミルクとバターの定期的な供給に関しては、料理人は近くの村から何匹かの乳牛を買いました。川には魚、ジャングルにたくさんの鳥がいたので、肉は問題でありませんでした。
彼が朝食に焼くチャパティは主人公の好物になりました。
料理人は主人公に最も長く仕えた使用人となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。