Assam1864 洗濯人の人生

洗濯人としてやってきた男性は、年はとっているけれども、背が高くて浅黒く、清潔な服を着て、知的に見えました。
ラワルピンジの一般家庭に生まれて、18才で兵士として東インド会社軍に加わったと、彼は言いました。
1824年にビルマと英国間で勃発した第一次英緬戦争に2年間参加してアッサムで戦いました。
その後12年間、彼はアッサムの異なる場所で働き、アッサムの女性と結婚しました。落ち着いた生活を選んで、新しく始まる茶園で働き始め、22年間幸福に暮らしましたが、コレラの流行が妻と子供たちを奪いました。
主人公が洗濯人に会ったとき、彼はアッサムにすでに40年も住んでいて、大部分の人より文化や地理を知っていました。
彼がアッサムの理想的なガイドであり、アッサム語を彼から学ぶことができると直感した主人公の考えはその通りになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。