Assam1864 火事

山火事は、毎年起こりした。
それが起こると、すぐに何とかしなければ、飛んでいる火はすぐに広がって、茶園まで手を伸ばします。
広大な範囲で、野生の高い草原の中で、四方八方に螺旋を描いてのぼる炎と黒煙がどこから立っているか、もはや分からず、主人公は恐怖とともに見ていることしかできませんでした。
激しい炎は、籘、竹、高い草の森を走りまわり、森はきしんで、しわがれた声を出しました。
火が居住区に達するのを止めようと、労働者は大騒ぎします。
火が川に到着したとき、その速度は減少しました、そして、我々はほっとため息をつきました。
2、3時間で、森は消えてしまい、火の粉だけがそこに飛び回り、空を照らしました。
間もなく、不気味な沈黙が訪れ、荒廃した光景は夜の暗闇によってすぐにのみ込まれました。
山火事の原因は、アッサム人による放火です。
彼らは、森を掃除するために、毎年するのです。
最大の理由は、焼畑耕作。
10~12フィートの高さまで育つアッサム特有の高い草、一種の葦は、風の自由な通行を妨害したし、森が道をおおうと、近隣の村に行くために長い回り道をしなければならない、魚を捕えるために速く川に行くことができる、そんな原始的な理由でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。