Assam1864 競馬

たとえどこにいようとも、競馬はヨーロッパ人の娯楽でした。競馬が行われたジョルハットではアッパーアッサムすべてのヨーロッパ人が集まりました。
イベントのために集まってくるヨーロッパ人に対応するためのホテルや施設が足りなかったので、短い滞在の間仮設住宅を建設するために茶園の労働者まで動員されました。
馬と象は一緒に行くことができなかったので、象と料理人を1時間早く出発させ、茶園マネージャーやアシスタントが馬であとに続きました。
イベントが行われる2月の天気は乾燥していたので水難もなく、ジョルハットまで8時間で到着することができました。
およそ100人のコックとそろいの服を着たウェイターが食事の準備を行います。
レースに参加する馬は、係員によってマッサージを与えられていました。
収穫を終えた広大な水田が競馬場になりました。
3日間の競馬イベントは朝10時に始まり、かなり多くのヨーロッパ人が賭けを行っていました。
まるで彼らの祝日であるかのように、地元アッサム人もイベントに来ました。レースが始まったときは、地域住民は支持したジョッキーを声援してヨーロッパ人より興奮していました。
落馬したジョッキーが馬に見捨てられたときは、彼らの笑いは止まりませんでした。
ナガ族さえイベントのために丘から降りてきて、アッサム人の中に静かに立っていました。
彼らは、カラフルなコスチュームのため、観衆で目立ちました。
陽気に楽しみを満喫するための3日間だったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。