Assam1864 仕事のスケジュール

冬が終わりに近づくと、空中の少しの寒さがなければ、朝の空気は特に心地良いものでした。
しかし、太陽が午後激しく照りつけると、水田は乾き、ひびが地面に現れました。
雨雲が出ても雨を注ぐことはありませんでした。
茶樹から新しい芽葉が現れると、茶園に新しい魅力が加わります。
春の新しい芽葉は貴重で、経験豊かな女性労働者だけ選び出すよう命じられました。
雨が降ると、芽葉はどんどん発生しました。
工場の仕事予定は、持ち込まれる茶葉量に依存します。
朝に摘まれる茶葉は午後に工場に持ってこられ、午後摘まれる茶葉は夕方に持ってこられました。
工場で茶葉は萎凋され、発酵させて、巨大な鉄パンの上で乾燥させます。
乾燥後、それらは選別をする工場に送られるため箱詰めされました。
プロセスを完全にするためティープランターは、茶摘み季節には、日夜工場にとどまり、休む時間はありませんでした。
多くの仕事は、労働者不足のために時間通りに終わることができませんが、賃金引上げの誘惑を与えることによって近隣茶園から労働者を誘うことは、会社の方針に反するため、新たな出稼ぎ労働者の投入が検討されます。
豪雨が降り続くと、道、川、大地は冠水して、作業を難しくさせました。選択肢なく茶園にとどまるしかなく、そんなひとときが、主人公が思考する時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。