Assam1864 娯楽

労働者たちの交流を深めるために、主人公はランニング、レスリング、投擲などのスポーツ競技を開催しました。
優勝者は賞金Re.1、2位はビンロウ、3位はキンマの葉で報いられました。ビンロウとキンマの葉はアッサム人の嗜好品です。ビンロウとキンマを噛んで真っ赤になった口はいたる所で見かけます。
労働者を決して甘やかさなかったけれども、主人公は労働時間外は上司として振る舞わないよう意識的に努力しました。
たとえば、優勝したそのアッサムの青年にゲームで私を破ることができるものならやってみろと挑発し、もちろん挑戦に勝つのです。負けたとしても青年はもう一つ賞を授与されて喜びます。
ヨーロッパ人は軽蔑して労働者を扱い、彼らは従順なままでした。奴隷状態を運命と認めました。
彼らが互いを人間とみなすならば、相互理解が生まれ、かけがえのない無数の労働者から、受け取る愛、感謝や忠誠を、主人公は考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。