Assam1864 PWD(建設局)

従業員に理解ある上司として努力しても、多くの労働者と心からの関係を維持することは簡単でありません。
それでも、主人公は彼らとの関係を築こうと、問題を聞くために毎晩どこかの居住区を訪問するのを常としていました。
会社との契約が期限切れになった80人もの労働者が更新に同意したのは、信頼関係によるものでした。
PWDは道と橋の建設や修繕かなりの数の労働者を必要とし、契約が切れる茶園労働者を勧誘していました。
労働者を誘い出すために労働者居住区をこっそりとまわって、契約満了の前でさえ茶園から逃げるようにけしかけるなど、エージェントには良心がありませんでした。
労働者が逃げるのを手引きするよう内通者を作って賄賂さえ渡していたのです。
小さいスケールであるけれども、消える労働者の問題は続きました。
土木作業の厳しさに耐えることができなくて、茶園に帰ってくる労働者も後を絶ちませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。