Assam1864 魔術師

日曜日に、2つの茶園の間にある大きいボダイジュの下で双方の労働者が集まることがあります。
ある日、主人公は工場のボイラー係がボダイジュの下にいるのを見つけ、何をしているのか尋ねました。
しかし、彼ははっきりした答えをくれません。
好奇心から調べてみると、魔術師を自称する男が悪霊の恐怖を労働者の心に植え付けて、悪霊退散の代償に金銭を支払わせていたことが明らかになりました。
魔術といんちき療法は、アッサムの人々に悪い影響を及ぼしていました。
不治の病を治すとか、井戸に毒を注いだ人を見つけ出すとか、憎い相手を呪うとか、主人公にとっては非現実的なことを主張する男は禍の元でした。
製茶工場で働いていた男の妻と娘に詐欺を止めるように促し、労働者たちには男を避けるように言ったにもかからず、彼らはひそかに男に会い続けました。
主人公の努力がみのり男が同意して、妻と娘ともども茶園から去っても、問題はそれで終わらないことがわかりました。
2人の女が自分こそが彼の後継者であると争い始めたのです。
そのうちの1人は、1年前から監督として工場で働く男の妻でした。彼女は常に主人公を当惑させました。茶園の規則に従って、茶園に住む誰もが茶園で働かなければならないので、彼女にもそうするよう頼みました。
しかし、彼女は拒絶しました。低いカーストの人々と並んで働くのは高いカーストである彼女の品位にかかわると言うのです。
それに対してRe.1の罰金を言い渡すと、彼女は工場にやって来て、私の足の方へRe.1コインを放り投げて、100回払っても、決して働かないと宣言したのです。
そこで働いているおよそ200人の女性労働者の前で主人公を罵った彼女に、態度を変えないならば、投獄すると警告した主人公はひどく動揺していました。
動揺した精神状態のまま馬に乗って、茶園で新しく敷設される道の進展を調べるために出かけた主人公は、突然、馬がつまずき、背中から投げ出されました。
どうして、馬はつまずいたのでしょうか?
けがの手当てをしてくれた料理人は、工場でたくさんの人が監督の妻が主人公を呪うのを見たのだから、できるだけ早く彼女を茶園から追い出したほうが良いと忠告しました。
2人の魔術師、彼女ともう一人の女の不和が激烈にあったので、2人を引き離したい気持ちはありましたが、双方とも茶園での契約に署名していたので、追い出すことはできませんでした。
ある日、殴り合いになり、引き離すために武装した衛兵を呼ばれなければならない事態が起きました。その翌日茶園監督の子供が突然亡くなり、続いて彼女もはっきりした理由もなく病気になりました。
子供が毒殺されたことがわかると、女の移動は避けられなくなりましたが、証拠がなかったので、茶園側は女に対していかなる法的措置もとることができませんでした。
彼女は病気回復のために実家に戻ることを望んだとき、監督である彼女の夫も同行しました。彼女が帰る途中のボートの上で亡くなったという連絡が届いたのは間もなくのことでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。