Assam2014 茶摘み風景

茶摘み風景

茶摘み風景

茶摘み風景

茶摘み風景

茶摘み風景

茶摘み風景

茶摘み風景

茶摘み風景

茶摘み風景

茶摘み風景

アッサムで初めて目にする茶摘みは、国際空港があるディブルガル(Dibrugarh)から車で1時間ほど、そこ(Chaburh)で出会うことができるでしょう。
ディブルガルは19世紀後半アッサム茶園開発の中心地でした。
頭に布をたたんで座布団のように載せて、その上に袋をかけて、摘んだ茶葉を運んでいました。
茶畑の中に点々と立っている木はシェードツリー(日陰樹)です。アッサムの茶園で植えられているシェードツリーは、シリッシュ(Sirish)という名前の木で、緑のジュータンのようにどこまでも続く茶畑を大木が枝を広げて強い陽射しから守る風景はアッサム独特です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。