クヂポンイップ(꾸지뽕잎/針桑葉)

外観

針桑はクワ科に属した落葉小高木で、桑に似て、その葉を蚕が食べることから針桑という名前がつきました。桑と異なるのは、木の幹に棘が生えています。葉、樹皮、根、実、すべて使える植物です。
針桑を食べた蚕が出した糸は品質が優れ、最高級の琴の弦や弓として用いられたと伝えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。