シッケ(식혜/食醯)

左からシッケ、メシル、ユヂャ

麦芽水をご飯に注いで発酵させた液体を冷たくして飲む、独特な甘みがある、甘酒に似た飲み物です。ごちそうを沢山食べるチュソクや正月によく飲まれるのは、消化を促進し、血液循環を良くしてくれる働きがあるからです。
ちなみに茶礼床(祭祀台)では、一般的に神位から4列目(乾物を置く列)で、乾左湿右(乾物は左、水気のある物は右)の規則から一番右側に置かれる供物です。
シッケの作り方
~材料~
麦芽粉 25g
※麦芽粉はヨッキルム(엿기름)という名前で韓国のスーパーマーケットや市場で売っています。
米 90g
砂糖 35g
松の実 2g
~作り方~
・麦芽粉を40℃くらいの温水500gに30分間ほどつけておきます。
・ガーゼなどで一度濾して、粕は絞って捨て、麦芽水は数時間放置しておきます。
・麦芽水が沈殿したら、上澄みだけを準備します。
・ご飯を炊きます。
・電気炊飯器にご飯、麦芽水、砂糖を加え、2~3時間保温します。
・米粒が7~8粒ほど浮かび上がるほどが頃合いです(米粒がたくさん浮かんでいると酸っぱくなっている可能性があります)。
・ご飯をザルにあげ、発酵水は強火にかけてひと沸騰させます。
・冷たく冷やして、器に注いだら松の実を浮かべます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。