Darjeeling Tea Lovers Only グームティー茶園ファーストフラッシュ

製茶工場

執務室

乾燥機

玉解き機

茶摘み帰り(女性グループ)

茶摘み帰り(混合グループ)

計量

4月10日のFTGFOP1(第一弾)、4月10日のFTGFOP1(第二弾)

4月11日のFTGFOP1(第一段)、4月11日のFTGFOP1(第二弾)

4月11日のFTGFOP1(第三段)、4月12日のFTGBOP1

3月26日のSpecialty、3月27日の
Specialty

ウーロン茶、3月27日のYellow Tea

3月27日のYellow Tea、3月26日のYellow Tea

ネパール語で分岐点を意味するグームティーは、東にジュンパナ茶園、西にキャッスルトン茶園にはさまれた場所に位置し、マハナディ川も流れています。
ヘンリー・レノックス(Henry Montgomery Lennox)が、1899年に茶樹を植えたのが最初で、栽培者G. W.オブライエンによって買収されました。第二次世界大戦後は人々の手に引き継がれていきました。
標高約1500mの高さと摘採レベルの高さ(一日一人あたり平均6~7㎏)が、純粋なチャイナ種(全体の90%)の品質を確実なものにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。