Darjeeling Tea Lovers Only コルカタ エレクトリカルオークション

オークション開催時間ボード

オークション会場

それぞれのブローカーが座る議長席

バイヤーが座る席

会場内

会場内

オークションPC画面

ティーサービス

ティーオークションのシステムは、まず茶園(セラー)からブローカーに茶サンプルが送られ、ブローカーはテイスティングを行って茶葉のおおよその価格とコメントを作成、そしてブローカーから茶サンプルがバイヤーに送られます。
インドにはいくつかのブローカーがありますが、茶園は複数のブローカーに登録することはできません。
ブローカーがオークションを開催しており、バイヤーは届いたサンプルをもとにオークションに参加して、顧客のために目的のお茶を落札するのです。オークション・ホールの活動は昔のまま、茶を求めて競うバイヤーが円形劇場スタイルの机の後ろに座るとともに、生き生きした音声は部屋が満たしています。
壇に座り、それらのインボイスナンバーがついたカタログにリストされたお茶のロットナンバーを呼ぶ競売人に余念がありません。そのアクションは速やかで、1分当たり4ロット売る競売人目標があります。お茶にはそれぞれのインボイスナンバーと量があります。
これらのオークションは年間を通じて開催され、カタログを作るためのティーテイスティングは毎日の仕事です。
現在、ティーオークションはエレクトリカルオークションで行われています。
目の前のデスクトップ・スクリーンに注目するバイヤーでオークションルームは緊張で満たされます。競争するために行うために彼がしなければならないのはクリックすることだけです。オンライン化により会場に行くことができない遠隔のバイヤーがオークションに参加することができるようになりました。
【インドのティーブローカー】
コンテンポラリーブローカー(Contemporary Broker)
パルコンインディアリミテット(Percon India Limited)
アッサムティーブローカー(Assam Tea Broker)
ジェイトーマス&カンパニー(J. Thomas & Co.)
アソシエイトブローカー(Associate Broker)
パラマウンティーマーケティング(Paramoun tea Marketing)
シュディールチャタルジィ&カンパニー(Sudir Chattergee & Co.)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。