インスタント擂茶

インスタント擂茶

擂茶の歴史は古く、三国時代からあったとされます。ある年の夏は久しく雨が降らず、日照りが続き疫病が流行りました。劉備の命により曹操軍を討つために行軍していた張飛軍も、多くの兵が下痢吐き気に苦しみ、進退窮まっていたところ、地元の老医師が擂茶を担いで見舞い、それを飲んだ兵士たちはほどなく健康を取り戻したという伝説があります。
擂茶は、生茶、生米、生姜の主要材料から作られるため三生湯とも呼ばれます。これらの材料を、擂鉢に入れて擂棍ですって作られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。